二度めの恋は渇かない | 晴屋うまこ

電子書籍

紙の本

作品名
 二度めの恋は渇かない
作者名
 晴屋うまこ 
レーベル
 リキューレコミックス 
あらすじ
 転職先の飲み会で大学時代ルームシェアをしていた楢崎と偶然再会した細田。ハイスペイケメンで大学でも有名人だった楢崎と、求める条件の一致だけで同居を始めた二人の仲はドライなもので、“友人”とも呼べない関係のまま卒業後疎遠になっていた。しかし偶然は重なるもので、引越し先の隣人であることが発覚。昔話を肴に宅飲みをすることになり、ほどよく入った酒の勢いで二人は体の関係を持ってしまう。以来隣人兼セフレとして過剰に甘やかし接してくる楢崎に、細田はリフレインする恋心を募らせはじめ――…
感情も欲望も、触れたところから溢れ出す 長いあいだ蓋をしていた恋の話。 

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→作画重視
さわやか←|―|―|●|―|―|→えちえち
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|●|―|―|―|→受の良さ

攻め情報

楢崎 晶久
 #黒髪 #高身長 #筋肉質 #顔がいい #スーツ 
 #29歳 #取引先
 #執着 #スパダリ #世話好き

 「一通りの家事はできるからな」(18ページ)
 「良く我慢したな 偉いぞ」(32ページ)
 「あ〜… もっと甘やかしてやりたいな」(91ページ)
 「お前も寂しかったかと思ったんだが…違うか?」(110ページ)
 「流石にお節介すぎて鬱陶しかったか?」(131ページ)
 「前よりも もっと俺がいないとダメになっただろ?」(153ページ)

出典:晴屋うまこ『二度めの恋は渇かない』(オーバーラップ、2020年)

受け情報

細田 誠二
 #茶髪 #中背 #細身 # #スーツ 
 #29歳 #営業部
 #健気 #だらしない #チョロい

 「俺なんて掃除全然出来てねぇのに…」(20ページ)
 「…この状況で俺の心臓もつか?」(67ページ)
 「接触減らそうって思ったのに いざ顔合わせると出来ればこのままでって思う」(82ページ)
 「人の気も知らないで楽しそうに世話焼きやがって…」(118ページ)
 「返事しだすと好きって気持ちが膨らんじゃうっていうか…」(141ページ)
 「…責任取ってそばにいるからお前も責任取れよな」(165ページ)

出典:晴屋うまこ『二度めの恋は渇かない』(オーバーラップ、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻=受
身長:攻>受
体格:攻>受
階級:攻=受
立場:攻>受