この恋は、火花が消える瞬間に | むないた

電子書籍

紙の本

作品名
 この恋は、火花が消える瞬間に
作者名
 むないた
レーベル
 equal 
あらすじ
 HAMAL所属の八坂俊馬は、全日本F3でチャンピオンに輝いた期待のスーパールーキー。そんな彼の憧れは瞬く間にF1に上り詰めた伝説の男『隼(ファルコン)』。いつか同じ舞台で戦いたいと意気込む中、彼が所属しているアークトゥルスがシーズンに参戦というニュースが舞い込む! 憧れの人と戦える…、と興奮しながらバーで酒を煽っていた八坂。すると、自分と同じくらい隼に詳しいマスクにサングラス姿の男が話しかけてきたのだ。誰だと怪しむもつい話し込んでしまい……。次の日、記者会見の会場へ向かうと驚くことにあのバーの男がいて、しかも彼が憧れの人・隼で…!? 

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
物語重視←|―|●|―|―|―|→作画重視
さわやか←|―|●|―|―|―|→えちえち
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|●|―|―|―|→受の良さ

攻め情報

八坂 俊馬
 #茶髪 #高身長 #細身 #イケメン 
 #新人 #レーサー
 #ワンコ #好戦的 #素直

 「だから思っちゃうんですよね ああ絶対超えてやりてぇって」(15ページ)
 「大体俺にはレースがあるから 恋人なんか作ってられないよ」(21ページ)
 「そりゃショックでしたよ! あなたの事を全然知らなかったんだって!」(63ページ)
 「こんなのは勝ちじゃない!! こんな漁夫の利みたいなのは」(123ページ)
 「お、俺 あなたの事──…すっ すっ すっ」(174ページ)
 「後悔してないですか 俺を選んだ事」(193ページ)
 「飽きられたらやじゃないですか 好きなんですから」(197ページ)

出典:むないた『この恋は、火花が消える瞬間に』(笠倉出版社、2020年)

受け情報

早房 天成
 #黒髪 #中背 #細身 #メガネ #ヒゲ 
 #ベテラン #レーサー
 #飄々 #やんちゃ #男前

 「酔い過ぎだぜルーキー」(16ページ)
 「あんまし好き好き言うもんじゃねーよ 危ないぜ?」(33ページ)
 「え、なんかされると思ったの? 八坂くんのえっちー☆」(67ページ)
 「お前も めんどくせーもん全部後ろに置いてアクセル踏もうや」(96ページ)
 「とんでもなく素直で可愛いんだよなあいつ」(136ページ)
 「ばーか大人はな…そう簡単に泣かねーんだよ」(165ページ)
 「そんだけお前が魅力的ってことだよ」(191ページ)

出典:むないた『この恋は、火花が消える瞬間に』(笠倉出版社、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻<受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻<受
立場:攻<受