星をかぞえること (上)(下) | 内田カヲル

電子書籍

紙の本

作品名
 星をかぞえる
作者名
 内田カヲル
レーベル
 バンブーコミックス 麗人セレクション
金額
 ¥650
あらすじ
 プロポーズ直前で彼女に振られた公務員の江森は、自分の不甲斐なさに打ちのめされながら映画館で涙を流していた。すると隣の席の男にハンカチ代わりのTシャツを差し出され、戸惑いつつも思わず受け取ってしまう。数日後、終電の車内で泥酔する江森に声をかけてきた駅員は偶然にも映画館で出会った青年で…!? 超ポジティブ! 本能で行動する自由な駅員×プロポーズ直前に振られたマジメ公務員、正反対の二人が織り成す大人のラブストーリー。
◆同時収録(上巻)◆どちらにしようかな/ちゅうちゅうたこかいな

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|●|―|―|―|→作画重視
さわやか←|―|―|●|―|―|→えちえち
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|●|―|―|―|→受の良さ

攻め情報

牧島 篤史
 #黒髪 #高身長 #ガチムチ #制服 #駅員 #マイペース #やんちゃ #強引 #天然 #ポジティブ #吉田拓郎

 「じゃ今度一緒に出掛けようよ 気分転換したいからさー」(上巻37ページ)
 「おしっこしたい おしっこ もれる」(上巻50ページ)
 「いらないなら売っちゃってさ ウマイもんでも食いに行かない?」(上巻84ページ)
 「好きだから何やっても変わんないと思うよー」(上巻119ページ)
 「ホレ あーん お食べー」(下巻10ページ)
 「ほんとにほんとの本命には嫌われたくねぇもん」(下巻36ページ)
 「もー国彦やエロいなぁ よいしょー♡」(下巻127ページ)

出典:内田カヲル『星をかぞえる』(竹書房、2018年)

受け情報

江森 国彦
 #黒髪 #高身長 #ガチムチ #メガネ #スーツ #公務員 #真面目 #極端 #ネガティブ #マキシマムザホルモン

 「見たまんま面白味がないってよく言われますよ」(上巻30ページ)
 「どうして僕なんかを構うんだろう」(上巻53ページ)
 「趣味がなくても牧島さんとだったら 何しても楽しいかなと思って」(上巻104ページ)
 「約束なんてすると 送るだ何だで却って迷惑だよな」(下巻27ページ)
 「どうして僕がこんなに悩まなきゃならないんだ? 理不尽過ぎないか?」(下巻43ページ)
 「女装って…もしかして服だけじゃダメなのか… …他には何が…?」(下巻59ページ)
 「ドアが開くまでここでずっと待ちますから」(下巻88ページ)

出典:内田カヲル『星をかぞえる』(竹書房、2018年)

攻めと受けの対比

年齢:攻?受
身長:攻=受
体格:攻≧受
階級:攻=受
立場:攻=受