◇役に立つ◇WordPress.comはオススメしない〜身をもって知った7つの地獄〜

さて、もうすぐ来年ですね。
今年の恨みは今年で晴らし、
新年はサッパリとした気持ちで仕切り直したい……。

ということで今回は、
事前に調べておけば回避できた失敗談をします。
つまり、そもそも恨むなってことなんですが、
同じ轍を踏む人が今後も現れるのではないかと思い、
ここに書き記しておきます。
「同じ轍」というのは、

WordPressを使ったサイトを開設したくて
WordPress.comに登録し、地獄を見る。

これ。

本投稿は、
「Wordpress.com WordPress.org 違い」
「Wordpress.com 評判」
などの検索でここに来た
あなたのために書かれた記事です。
みんな失敗談は恥ずかしくて書かないのか
あまり詳しい内容のブログが観られなかったので、

「Wordpress.comのどこがダメだったのか」
身をもって知った者が教えます。

反面教師にして笑ってくれよな……!

「サイトの作り方とか、まだよく分からない」
「専門用語とか難しいこと言われてもイメージつかない」
という方は、各項目の一番下にある「何言ってるかよく分かんねえな」をご覧ください。

スポンサーリンク

事の発端〜こうして私はだまされた〜

わたし
わたし

ブログやるならWordPressがいいな〜。
前に使っててやりやすかったし。
個人だと、今はどのサーバーがいいんだろう?
あたらしくて良いサービスが出てるかも。
とりあえず「Wordpress」で調べてみよう。

わたし
わたし

WordPress.com
ふーん、そういうのもあるのか。
広告でない検索結果で
トップにあるし、
信頼できそう
ちょっと見てみよう。

わたし
わたし

ロゴとか同じだし、
WordPressが
運営してるサービスっぽい

サーバーにWordpressをインストールしなくても
最初から使えるんだったら、

設定とかしなくていいぶん
面倒が少なさそう

料金プラン見てみよ〜。

わたし
わたし

パーソナルプランは、
1年無料ドメインと広告削除
年間48ドル(当時のレートで約5,000円)か。
うん、そこそこリーズナブル。
そ〜れポチッとな。

これが地獄の始まりであった──

今になって、よく見ると
なんで月4ドルも支払うんだよ
という感じの内容なのですが、

わたし
わたし

他社のレンタルサーバーだと
月500円くらい払ったら
アレやコレができていたから、
天下のWordpress様直営なら、
もっといいモンめぐんでくれるよな!


めちゃくちゃ楽観的に考えてしまっていて、
かなり読み飛ばしたんですよね……。
一番やっちゃいけないミスでした。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
それっぽい見た目に騙されたのである。

パーソナルプランは有料の価値なし

結論から言うと、
WordPress.comのパーソナルプランは
「何もできない」とほぼ一緒です。
アメーバブログFC2ブログ無料プラン同じレベル
むしろそれ以下なのに有料

まずサービス内容として
「Wordpress.com広告を削除」ってあるのに、
フッター(ページの一番下)に
「WordPress.com Blog.」が残っている。
課金しなかったら、さらにデカイ広告というだけで、
文字広告は残る。

この辺りまでは
「まあ、仕方ねぇか」で済ませていました。
というのは、他のサーバーでも、

  1. 画像広告が表示されるが、完全無料のプラン
  2. 広告が文字のみになる、安めの有料プラン
  3. 完全に広告がなくなる、有料プラン

ってトコロがあったので、
2の「安めの有料プラン」みたいなやつかなって。

あと正直読み飛ばしている自覚はあったんで、
「詳細を確認しなかった自分が悪いわ」
と思っていました。実際そうですし。

仕方がないので
「このくらいの文字広告だったら許してやらぁ」
そんな気持ちで仕切り直し、
色々といじってみることにしました。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
他社無料で提供しているレベルのものを有料で提供している

地獄その1:CSSが自分で変えられない

最初に「マジかよ」と思ったのは、
CSSやPHPがいじれないこと。
(注:CSS/PHP=サイトの見映えを良くするために使うもの)
FTPアクセスもできないので、どうにもなりません。
(注:FTP=データをアップロード/ダウンロードできる場所。ここにアクセスできれば、自分で作り上げたCSSやPHPをアップロードできる)
サービス内容の「基本デザインのカスタマイズ」でできるのは、
色変更やヘッダー画像の変更のみ。
(注:ヘッダー画像=ホーム上部にある「本日のボーイズラブ」の部分)
PHPはそこまでいじるつもりもなかったんですが、
CSSについてはかなり致命的でした。

なぜかというと、
WordPress.comで利用できるテーマは、
全部が微妙に惜しいんです。
(注:テーマ=サイトのデザイン雛形。テンプレート)
スマホで見ると崩れる
メニューがスクロールすると隠れる(ページのどこかに固定表示されない)
そういうアラが、必ず一箇所あるのです。
正直、このままじゃ使えないなってものばかりでした。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
自分の理想通りにできない(実力不足ではなく、環境不足で)

地獄その2:Googleアナリティクスが使えない

次に「ウソだろ」と思ったのは、
Googleアナリティクスが導入できないこと。
(注:Googleアナリティクス=アクセス解析。どこから当サイトを知ってくれたのか、スマホとPCどっちで閲覧しているのか、などが分かるもの)
検索避けするような個人サイトならまだしも、
アフィリエイトブログやろうと思ってんのに
これはダメだぁ……となりました。

こんなん普通は設定できるでしょというくらい
当たり前のものだと思っていたので、
「えっ?」てなりました。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
必要最低限のものが揃っていない

地獄その3:軽率に課金させられる

さて、地獄1、2の問題を解決にするには、
プレミアムプランへの変更が必要です。

相手も私が足りないと感じていることを分かっているので、
「これがしたいんですか? 
 じゃあプレミアムプランにしましょう!」
って誘導してきます。
またその価格が絶妙なんですよねー。
「んぁー、まあ4ドルから8ドルで
 諸々良くなるならいいか……」
そんな風に思えてきてしまう。
色々探して、色々いじくって、
やっぱりできないと分かって、
ちょっと疲れてきている頃に提案してくるから
判断力も鈍っている
んです。

普通なら、この時点で損切りして他の場所を探し始めているはず。
でもこのときの私は

わたし
わたし

年間96ドルか。
まぁ許容範囲だな。
48ドル支払ったのももったいないし、
それで全部改善されるならいいや

と、課金してしまったんですよ。
あと、課金がすこぶるスムーズだった。
最初にクレジットカードの登録が必須で、
その後の課金が簡単になっちゃうやつだったので、
ワンクリックでプラン変更+課金ができました
たしか「本当にいいですか」みたいな
確認のページやポップアップはなかったと思う。

そんなわけで
プレミアムプランになったわけですが、

それでも……

プレミアムプランにしても、
肝心なことができない

マジでしんどかったね。

何言ってるか分かんねえな ↓
課金させる仕組みだけは優れている

地獄その4:テーマが制限されている

まず、プレミアムプランにしたことで

  • Google アナリティクスは導入できた
  • CSSは多少操作できるようになった

ので、上にあった問題は多少はマシになりました。
しかし、CSSについては「多少」とあるように、

追加のCSSを入れられるようになっただけで、
元のCSSを調整できるようになったわけではなかった
のです。

つまり、
「デザインを付け加えたいならココに書いてね」
という場所は用意されたのですが、
根本的なデザインが変えられない

結果、追加CSSの色んなところに「!important」って
入れるしかなくて、すこぶる気持ち悪いというか、
おっかねえ感じになりました。
(注:!important=どうしてもってときの切り札みたいなやつ。できれば多用したくない)

「他のテーマ選べばいいんじゃないの?
 いっぱいあるんでしょ?」

……と、思うじゃん?
ないんだな、これが。

ではここで、本家との比較をご覧ください。

WordPressをインストールした画面

テーマの数、「最新」だけでも7972種類。さらに「テーマのアップロード」で好きなテーマをアップロードできる。

「テーマエディター」がある。

テーマエディターから、「このテーマ、ここだけ変えたいんだよな」という場合の調整が簡単にできる。

WordPress.comの操作画面

どこをどういじっても194種類以上にならない。さらに「テーマのアップロード」のボタンがない。本当に194種類。

「テーマエディター」の霊圧が……消えた……?

元のCSSが書き換えられないので、「カスタマイズ」→「追加CSS」からCSSを書き加えることしかできない。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
課金しても、地獄から抜け出せない。

地獄その5:コマンドが制限されている

地獄その5と共通するのですが、
「Wordpressをインストールした他のサーバーだとできる操作が、
 Wordpress.comではできない」
これがすこぶるたくさんあります。
たとえば「一般設定」の欄に
「Wordpressアドレス」「管理者メールアドレス」がないとか。
「小さいけどめちゃくちゃ便利」なものが全て取っ払われています

何言ってるかよく分かんねえな ↓
普通ならきる行動が、制限されていてできない。

地獄その6:プラグインが使えない

一番致命的。
「プラグイン」っていうのは
サイトに導入できるアプリみたいなやつで、
それを利用することによって
複雑な処理も簡単に実現できるようになるっていう、
いわばWordPressにおける最大の利点とも言えるものです。
というか、これが使えないならWordpressである必要性があまりないです。
それが使えない。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
マグロない寿司屋。ビールない居酒屋。コーヒーないカフェ。

地獄その7:使えるテーマがSEO対応できていない

サイトに人を呼ぶ上で気になる
PageSpeed Insight
GTmetrixっていうのがありまして。

これは何かというと、
「あなたのサイトはユーザーにとって快適か否か」
というのを点数で表してくれる
ものです。

ぶっちゃけ、これで100点とかAを狙おうとすると
ほぼ画像が一切ない文字だけのサイトか、
Chromeでしか見えないようなサイトか、
あまり更新しないサイト(LP)しか
できないので、ブログであれば
ある程度は割り切っていい
です。
瞬間風速的に100点やAは狙えるけど、
サイトの更新を続ける限りは不可能。

とはいえ、50点以下やC以下ですと
さすがにユーザーにとって使いにくい
(表示されるまで時間がかかる)。
なので65点くらいだったらいいかな…
という感じなのですが、
「Wordpress.com」の「プレミアム」で
入っているテーマ、全体的に
低スコア出しすぎ
なんですよね。

画像とかそういう次元じゃなく、
Java ScriptとかCSSとかphpとか、
そこら辺にも問題があるよーって出てくる。
「Twenty Twenty-one」以外のテーマ
ほぼ全滅でしたもん。
あと下手したらサーバーそのものが弱い

ここら辺もおそらく
「プレミアムプランだとこんなもんです」
「より良くしたかったらビジネスプランにして」
ってことだと思いますが、
ちょっとコストが割高すぎて…。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
どんなにがんばっても表示が遅い仕様。

WordPress.com「年間5万円で全部解禁するぜ!」

Wordpress.com
WordPress.com

月々45ドル支払えば、
全部できるようにさせてやる
ぜ!

年間540ドル(5万5千円くらい)

……。

地主様とて許せぬ!!!

あまりにひでーな、と思いました。

よくよく見たら、肝心なことすべて、
月々45ドルも支払わないと使用できない仕組みになっていました。

WordPress.comで
WordPressの機能をフルに使うには、
年間5万円が必要

わたし
わたし

ちょっと何言ってるか分からない……。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
他で年間6千円程度でできるものに対し、5万円を要求されている。
(マジで何言ってるかよく分からないですね)

地獄からの脱出〜他サーバーでWordpressをインストール〜

ということで、地獄から引っ越しました。
新たにWordpressが導入できるサーバーを借り、
環境を構築し直しました。
それが今のサイトです。

楽をしようとして新たなものを取り入れたらダメな方向へいったという、
日本昔話みたいな教訓を得ましたね……。

最初から大人しく優良サーバーで
WordPressインストールしていればよかったです。

そんなわけで、
本サイト「本日のボーイズラブ」は、
月刊テーマ別に毎日1冊ずつ紹介する本館と、
最新作を週に1冊紹介する別館があります。

本日のボーイズラブ(本館)のURL:https://todaysbl.com
本日のボーイズラブ(別館)のURL:https://todaysbl.wordpress.com

つまり、別館は今も地獄の環境で運営しています。
だって96ドルもったいないんだもん♡
(転んでもただは起きない性分)

これまでの流れを読んで、
「Wordpressやるならちゃんとサーバー借りてインストールしよ」
と思った方は以下をオススメします。

mixhost

mixhost
有名ブロガーが多数利用。
アダルトOKのサーバーもあるので18禁BLサイトを作りたい人はココ(いるのか?)。
月¥880〜

ロリポップ!

ロリポップ
王道中の王道。
独自ドメインは取ったほうがいいけど、可愛くて覚えやすいアドレスが作れるのもいい。
月¥250〜

Quicca Plus

Quicca Plus
問い合わせメールのレスが早い。電話苦手な初心者さんで分からないことが多い場合は使ってみても良さそう。
月¥230〜

ぶっちゃけ個人サイトのレベルであれば、どれも良いサービスです。大差ない。
複雑なことをするならA社のほうが安定しているとか、
B社のほうがサクサク動くとかありますが、
ビジネスレベルでやるならこの記事は読んでいないと思うので
3社を別ベクトルで推奨しておきます。

何言ってるかよく分かんねえな ↓
WordPressをサーバーにインストールして使うのと
WordPress.comを利用するのは全く別の行為
です!

WordPress.com、こういう人には向いているのかも

これだけボロクソに言っておいてなんですが、
WordPressをインストールしたときの便利さを知っている者からすると
WordPress.comの不便さはかなり辛い
けど

はじめてWordpressに触れるよって場合は
WordPress.comのプレミアムプランで

試してみてもいいのかもなーと思う部分もありました。

というのは、
サイトが準備できるまで
ドメイン全体をワンクリックで非公開設定できたりとか、
はてなブログやブログ村みたいに
「Wordpress.com」を使っている同士のコミュニティがあったりとか、
サイトマップが自動的に作成/分かりやすい場所に表示されるようになっていたりとか、
そういった初心者さんに優しい部分、
初心者さんが続けられるようにする工夫は感じられた
からです。

「サイトを作るならWordpressにしましょう」
そう謳っている本やサイトは多いのですが、
「ではWordpressが導入できるサーバーを借りて、
 インストールして、設定して……」
と続く文章を見て
「私には難しい、やっぱヤメだ」
とサジを投げた方もいると思うんです。
そういう人には、Wordpress.comはいいかもしれない。
(個人的には無理にWordpress使わなくてもいいと思っていますが、
 使ってみたい、やってみたいという気持ちは大切にしたほうがいいので)

ビジネスプラン以上はコスパが悪すぎて全くオススメできないけど、
「お金より、勉強する時間のほうがもったいない」
ってタイプの人だったら、Wordpress.comはアリ。

何かを発信したいけど、お金より時間がないって人。
事業を立ち上げたばかりで公式サイトが必要だったり、
老後の楽しみにブログを始めたい人だったり、
病気のことを伝え、残しておきたい闘病者だったり。

どこに価値を覚えるかは人それぞれなので、
「CSSだのインストールだのよく分からんし勉強するのも面倒」
って方は、Wordpress.comを利用してもいいと思います。
(「してもいいと思う」けど、「推奨する」ではないので悪しからず)

まとめ

地獄かどうかは利用者次第だけど、
とくに理由もなく
WordPress.comを使おうと思っているなら
やめたほうがいい。

誤解されやすいことなので繰り返し言います↓
WordPressをサーバーにインストールして使うのと
WordPress.comを利用するのは全く別の行為
です!

コメント