ギヴン(1)〜(6) | キヅナツキ

電子書籍






紙の本


作品名
 ギヴン
作者名
 キヅナツキ
レーベル
 Dear+コミックス
あらすじ
 好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、 壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→作画重視
さわやか←|●|―|―|―|―|→えちえち
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報1

上ノ山 立夏
 #黒髪 #175cm #細身 #16歳 #高校生 #ギター #長男 #姉 #面倒見がいい #俺様 #真面目 #負けず嫌い

「俺がお前を誘ったのはな お前の歌に俺の心が動かされたからだ」(1巻116ページ)
「バンドに入るからにはビシバシ行く もう甘やかさない…」(1巻134ページ)
「いや別にドキッ!とかしてねーし!!?」(2巻39ページ)
「真冬 弦、俺に張らせてくれないか」(2巻113ページ)
「うおおおおおおおおお この家全体から真冬のにおいするうううううああああ」(3巻29ページ)
「バンド内でくっつくとかどう考えても迷惑になんのに 周りのこと考えて無さすぎっスよ」(3巻84ページ)
「そういう思うところがあるな言えっつーこいつの主張は正しい 察してくれとか女々しすぎるわ!」(4巻48ページ)
「道具貸してみろワンチャン直せる気がする…いじったことねえけど…」(4巻158ページ)
「俺ら高校生は22時なんで帰ります」(5巻45ページ)
「おいで 大丈夫 お前が一番かっこいいよ」(5巻135ページ)
「俺はっ「自分が自分が」っつータイプが嫌いなんだよ」(6巻38ページ)
「うっせ──そんくらいできるわ!!!ボケ!!!」(6巻118ページ)

出典:キヅナツキ『ギヴン』(新書館、2014-2020年)

攻め情報2

梶 秋彦
 #金髪 #184cm #筋肉質 #ピアス #20歳 #大学生 #ドラム #貧乏 #ヒモ #こじらせ #正直 #大型二輪 #兄貴分

「ビシっとしろ みんなのお兄ちゃんなんだろ」(1巻103ページ)
「あ、どうしよう俺バイクだ今日 泊めて」(1巻141ページ)
「真冬はお前に応えようとして歌をやるんだ お前、支えてやる責任あるぞ」(2巻26ページ)
「──なあ、春樹 お前、もっと自惚れてもいいぞ」(2巻115ページ)
「やめろお前恥ずかしいとか…こっちはその…それ言うのずっと我慢してたんだぞ!!」(3巻101ページ)
「あ 今日の三つ編み可愛いな」(3巻155ページ)
「お前 俺のこと好きなくせに逃げんの」(4巻82ページ)
「4人全員天才じゃバンドはできねえよ」(4巻139ページ)
「好きだったよ でももう 苦しい」(5巻34ページ)
「俺が! 生き方を変えたのは!! お前に見合う男になりたかったからだ」(5巻193ページ)
「……いいんだ…俺は…弱い…」(6巻152ページ)
「俺も昔学祭でやったな女装 えっ…ホラ…」(6巻157ページ)

出典:キヅナツキ『ギヴン』(新書館、2014-2020年)

受け情報 1

佐藤 真冬
 #茶髪 #173cm #細身 #16歳 #高校生 #ギター #ボーカル #母子家庭 #ゆるふわ #不思議 #天然 #寡黙 #大人しい #暗い過去

「上ノ山君の方が格好良かったよ だから、…もっと、ギターを教えて下さい」(1巻65ページ)
「おれ、よくみんなに何も考えてなさそうって言われるし…──自分でもそうかもって思う時あるし」(1巻114ページ)
「何で今更俺に構うの 今までずっと傍観決め込んでたくせに」(2巻74ページ)
「しゃべると おとうさんがぶつの」(2巻133ページ)
「このギター 死んだ彼氏のお母さんがくれて」(3巻61ページ)
「梶さんて まるくなったんじゃなくて春樹さんとかの前でソレ出さないだけですよね」(3巻114ページ)
「上ノ山くん 一緒に、帰ってもいい?」(4巻42ページ)
「おかずー 今晩のおかず〜 カレー うどん パスタ〜♪」(4巻71ページ)
「あれっ……?見ててわからない…??」(5巻29ページ)
「つたえたい わかって欲しい 欲がでてきた…」(5巻133ページ)
「あの時みたいに みんなにおいていかれるみたいな心地がする」(6巻145ページ)
「…あ、あの!俺にも上ノ山君の写真あとで下さい…!」(6巻156ページ)

出典:キヅナツキ『ギヴン』(新書館、2014-2020年)

受け情報 2

中山 春樹
 #金髪 #178cm #細身 #長髪 #ヒゲ #22歳 #大学生 #ベース #お人好し #オカン #ムードメーカー #優しい

「ちょっとお前今からソレっぽいこと言って誤魔化して──!!!」(1巻39ページ)
「もっとコミュニケーションとりなよ 音楽はコミュニケーションだよ?」(1巻102ページ)
「どうしてくれんの秋彦、お前の博打に俺ものっちゃったよ」(2巻60ページ)
「早い!若いっていいな!」(2巻111ページ)
「なんかもう眺めてるだけでハッピーだし エブリデイがクライマックスだから」(3巻51ページ)
「お前ら本当ツイッターに付き合ってるってバレる内容あげんじゃねえぞ」(3巻91ページ)
「辛そうな顔しないでよ なんなの 言ってよ なんでもしてあげるから」(4巻102ページ)
「……ずるいなぁ 結局あんまり嫌いになれないなんて」(4巻148ページ)
「秋彦とは何もないし それに もう玉砕して 俺も、そういう気持ちじゃないから」(5巻123ページ)
「え…かっこよかったよ…」(5巻189ページ)
「仲直り、できるといいね」(6巻25ページ)
「とにかく、俺は秋彦に話してみるから お前もまず真冬にきいてみてよ 進路のこととか どこまで音楽がやりたいのか とか」(6巻58ページ)

出典:キヅナツキ『ギヴン』(新書館、2014-2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻1=受1
身長:攻1>受1
体格:攻1=受1
階級:攻1=受1
立場:攻1=受1

年齢:攻2<受2
身長:攻2>受2
体格:攻2>受2
階級:攻2<受2
立場:攻2≦受2