スパダリに成長して口説きに来ました「最後の恋を俺としてよ」(里美ゆえ)ネタバレ感想・情報まとめ

わたし
わたし

今月の作品テーマは

「電子書籍限定販売」

……だったのですが!

最終話が配信されて

6ヶ月後、コミックス版が

ついに登場しました。

まずは作品紹介からどうぞ。

スポンサーリンク

「最後の恋を俺としてよ」 作品紹介

単話版

単行本版(コミックス版)

作品名

最後の恋を俺としてよ

作者名

里美ゆえ

レーベル

Strada+
(コミックス版はMIKE+)

あらすじ

ある日のこと、
中学生の流星
カフェを訪れる。

そこで出会ったのは
個性豊かな人々と、
スタッフの千早。

綺麗な顔で笑う千早
一目惚れをするが、
すぐに失恋を実感してしまう。

なぜなら千早の視線の先には、
左薬指に指輪をはめる

砂塚という男の姿があったから──

「最後の恋を俺としてよ」 作品の雰囲気

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|●|―|―|―|→受の良さ

「最後の恋を俺としてよ」 攻めキャラ情報

安達 流星

#茶髪 #長身 #細身 #20歳 #大学生 #エリート #金持ち #一途 #スパダリ #素直 #健気

「俺なら 絶対にそんな顔させないのに 悲しい思いはさせないのに」(1巻ページ)
「俺 昔から本当に世間知らずで お坊ちゃまって呼ばれて学校ではいつも浮いてた」(2巻10ページ)
「好きだな…って 俺のパジャマもすごく似合ってる」(3巻12ページ)
「季節の変わり目に好きって言うよ」(4巻23ページ)
「なんにも聞かずに笑って許してくれるって そんな優しい人だってこと わかっているから今日ここに来たんでしょう…!?」(5巻15ページ)

出典:里美ゆえ『最後の恋を俺としてよ』単話版(道玄坂書房、2020年)

「最後の恋を俺としてよ」 受けキャラ情報

千早

#黒髪 #中背 #華奢 #ピアス #28歳 #フリーター #健気 #やんちゃ #淫乱 #奉仕型 #面倒見がいい

「好きなだけ居ていいし いつでもおいで」(1巻7ページ)
「なんか俺ばっか喋ってんな…おまえも喋れ!!」(2巻16ページ)
「通い妻状態で甲斐甲斐しく世話やいて ダメにしちゃった」(3巻17ページ)
「俺なんか一瞬で忘れるくらい夢中になれるものとか 見つかるかもしんな…」(4巻14ページ)
「…れ おかしいな 童貞くんがやりやすいように 風呂でいじっといたんだけど…っ」(5巻32ページ)

出典:里美ゆえ『最後の恋を俺としてよ』単話版(道玄坂書房、2020年)

「最後の恋を俺としてよ」 攻めと受けの比較

年齢:攻 < 受
身長:攻 < 受(→攻>受)
体格:攻 = 受
階級:攻 > 受
立場:攻 = 受

里美ゆえ「最後の恋を俺としてよ」(コミックス版)

「最後の恋を俺としてよ」 ざっくり起承転結

ざっくりですが
ここから先は
ネタバレ注意です。

起:ふたりの出会い

流星(攻め)が訪れた先のカフェで千早(受け)に出会い、店に通ううちに惹かれてゆく。

承:千早が急に退職、その背景には…

千早が常連客の恋人(男)と揉め、急に退職してしまい、連絡もつかなくなる。

転:偶然の再会、そして…

数年後、同じカフェで偶然にも再会する。何年経っても好きだと自覚する流星。

結:過去のトラブルとの決着

千早が抱えていた複数のトラブルを解消し…♡

続きは本編をご覧ください
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

「最後の恋を俺としてよ」 無料で試し読み

「最後の恋を俺としてよ」 単話版

配信している電子書籍ストアはこちら!








「最後の恋を俺としてよ」 コミックス版

「最後の恋を俺としてよ」 著者公式Twitter

「最後の恋を俺としてよ」が好きな人にオススメの作品

似ている要素1:年下×年上
似ている要素2:受けの元カレがひどい
似ている要素3:救い出してのハッピーエンド

似ている要素1:茶髪長身年下×黒髪中背年上
似ている要素2:10年間の片想い
似ている要素3:人生が変わる出会い