◇役に立つ◇作家さんへ贈るのにオススメな品物5つ〜バレンタイン編〜

バレンタインの季節が近づいてきました。
「作家さんに美味しいものでも贈ろうかな」
そう考えている方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ということで、今回の記事トピックは
「元編集者が教える 作家さんへ贈るのにオススメな品物」です。

スポンサーリンク

おさえておきたい4つのポイント

おさえておきたいのは以下の4つです。

  1. 溶けない
  2. 日持ちする
  3. 箱に入れやすい
  4. 日付指定は13日(金曜日)か15日(月曜日)に

バレンタインの贈り物は、
読者→編集部→担当編集→作家
の順で作家さんに届きます。

編集部には冷蔵庫がないこともあるので、
(あったとしても、社員が使う程度の規模)
溶けるものや冷蔵しないと日持ちしないものだと
保管場所に困るのです。
そのため、1と2はなるべく避けてもらえると
助かるのでござる……という元現場の声です。

3と4に関しては、
対面での打ち合わせ予定がある作家さんだったら
その場で渡せるのですが、
遠方で暮らしている作家さんもいますし、
コロナのこともあるので、
今年は段ボールに詰めて送ることが
例年より多くなる
と思います。
このとき、ボックス型や缶に入ったヤツだと
ちょっと安心します(つぶれにくい+詰めやすい)。

日付に関しては、
10日くらいに
「少し早いんですけど(賞味期限2月14日)」とか
20日くらいに
「遅れちゃったんですけど(他の方のぶんは発送済み)」とか
来ると正直「どうしよう」ってなります。
(作家さんに相談して、中身は編集部が食べてしまうこともある……。手紙は必ず届けていますが)

「じゃあ何だったらいいんだよ」
ということで、実際の品物をご紹介!

「アンリ・シャルパンティエ」のフィナンシェ


ここがオススメ
  1. 1人でも家族(アシスタントさん)とでも分けやすい3つ入り。
  2. 個包装なので食べたいときに食べられる+衛生面にも良いです。
  3. おいしい!バターとアーモンドの風味がふんわり。
  4. プチプライスなので気兼ねなく食べやすいです。

「奈良祥樂」のオリーブなあられ


ここがオススメ
  1. 未開封で120日保存できます。
  2. 甘いものに飽きてきたときに嬉しいです。
  3. おいしい!カリカリしていてあっさり。
  4. ギフトカードをつけて送れます(上記「ナラノコト」さんでの注文必須)

「彩果の宝石」のフルーツゼリー


ここがオススメ
  1. 常温で60日間保存できます。
  2. カラフルでとっても綺麗
  3. おいしい!ジューシーでフルーツの味がしっかり効いています。
  4. 個包装なので食べたいときに食べられる+衛生面にも良い。

「パティスリーキハチ」のケーク



ここがオススメ
  1. 常温で30日間保存できます。
  2. 有名店+高級感がありながらプチプライス
  3. おいしい!和洋折衷のいいとこ取り。
  4. 個包装なので食べたいときに食べられる+衛生面にも良い。

「ヨックモック」のシガール


ここがオススメ
  1. 製造日から60日間保存できます。
  2. プチプライス+本数調整がしやすいです。
  3. おいしい!ド定番で安定感があります。
  4. バレンタイン用のラッピングあります。

まとめ

フィナンシェ、あられ、ゼリー、ケーク、クッキー。
バレンタインにちょうどいい
5種のおやつを紹介させていただきました。

何かを贈るだけでも
作家さんはとっても喜ぶ
と思いますが、
上に挙げた4つのポイントを押さえておくと
さらに嬉しいはず!

ぜひ参考にしてみてくださいね。