僕を連れ出して(1)〜(6) | フォクシーズ武将/藤成ゆうき

電子書籍限定

未配信

作品名
 僕を連れ出して
作者名
 原作:フォクシーズ武将
 作画:藤成ゆうき
レーベル
 Zuiver
あらすじ
 「僕をおいていかないで…」音大生栗栖大輝と、肌も髪も真っ白な美しい青年「ユウ」。二人だけの誰も知らないレッスンが始まる。

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|●|―|―|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

栗栖 大輝
 #黒髪 #中背 #細身 #音大生 #声楽 #努力家 #ビビリ #男前 #挑戦心

「くそー! 練習しとるわ! 他のやつより全然しとるわ!」(1巻14ページ)
「キャアア! なななんで暗くなななななな」(2巻9ページ)
「お前が苦しいなら 助けてやりたい」(3巻9ページ)
「「先生」ってのはクソ野郎に決まってる ユウは……何も悪くないのに……」(4巻6ページ)
「……あんたの『音楽人形』だっけ? なってやってもいいよ」(5巻18ページ)
「俺、ずっと彼と一緒に歌いたい そのために、頑張ります」(6巻8ページ)

出典:フォクシーズ武将/藤成ゆうき『僕を連れ出して』(eternal、2020年)

受け情報

ユウ
 #白髪 #小柄 #華奢 #音大生 #ピアノ #クール #寡黙 #正直 #洗脳 #幽閉

「ご、ごめんなさい つい……! 君の声がきれいだったから……!」(1巻18ページ)
「無理に決まってるでしょ……? だって……君、下手だもん」(2巻4ページ)
「僕は人間じゃなくて……幽霊みたいなものだから……」(3巻18ページ)
「……だめなのに、っ 君を、好きに、なったら……っ」(4巻14ページ)
「ごめん……! 僕のせいだ……僕が、君に近づかなければ……!」(5巻8ページ)
「苦しくなった時、大輝が歌ってくれたんだよ……だから僕は平気だった」(6巻17ページ)

出典:フォクシーズ武将/藤成ゆうき『僕を連れ出して』(eternal、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻?受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻>受
立場:攻=受

起承転結ネタバレ

起:栗栖(攻)が歌の練習をしていると、隣室から上手なピアノの音が聞こえてきた。
承:隣室へ訪れると、ユウ(受)がピアノを弾いており、二人で練習をすることになる。
転:ユウは、音大の学園長が「天才」を育てるために幽閉した存在だった。
結:栗栖は学園長を誘導し、ユウと共にオーディションを突破。外の世界へ連れ出すことに成功する。