セカンドワールド | ゆき林檎

電子書籍限定

作品名
 セカンドワールド
作者名
 ゆき林檎
レーベル
 ビーボーイデジタルコミックス
あらすじ
 絶対誰にもばれたくない夏川の秘密は、女装コスプレが趣味なこと。なのに後輩の千秋にばれてしまい、秘密を守る代わりに交換条件を求められた。夏川にNOを選択する余地はなく、行為は背徳感をはらみつつエスカレートしていく。夏川が想いを寄せる男の代わりだと思って、自分との行為を楽しもうという千秋の提案を受け入れるが――。

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
物語重視←|―|●|―|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|●|―|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|●|―|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

千秋 悠真
 #茶髪 #中背 #細身 #学生服 #高校生 #母子家庭 #離婚 #クール #不器用 #諦観

「気 張んなくて良いですよ うち母子家庭で夜まで帰って来ないんでしばらく2人っきりです」(18ページ)
「うるさいです バラしますよ」(42ページ)
「オレ にんじんダメなんです あとトマトとピーマンも嫌い」(83ページ)
「もっと素直になればいいのに 本当の先パイはやさしくて可愛いとこあるんだから」(98ページ)
「あの2人のどうしようもない血引いてるし オレも上手くいく気がしない」(146ページ)
「オレ…頼りないけど…もっとちゃんと大人になれるように頑張ります」(158ページ)
「引っ越しそばも食べないと」(164ページ)

出典:ゆき林檎『セカンドワールド』(リブレ、2018年)

受け情報

夏川 秀人
 #黒髪 #中背 #華奢 #学生服 #コスプレ #女装 #高校生 #一途 #健気 #男前

「期限が欲しい…ずっとこんなことを続けるのは割に合わない」(32ページ)
「母親のせいかな…人ん家のことなんて良くわかんないけど だったら少し同情するな…」(47ページ)
「一生伝える気はないよ 本物の女には敵わないし」(54ページ)
「シャンプーの香りがする いつもいい香りすると思ったけどこの香りだったんだ」(90ページ)
「このオレはもう 今日で終わり 前に行く」(121ページ)
「オレ…やっぱチアキ好きなんだー…器用ぶって全然 器用じゃねーし危うい奴でさ…悩んでるなら力になりたい」(136ページ)
「何でもっと こいつ大事にしてやらないんですか」(152ページ)

出典:ゆき林檎『セカンドワールド』(リブレ、2018年)

攻めと受けの対比

年齢:攻<受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻<受
立場:攻≧受

起承転結ネタバレ

起:夏川(受)が女性キャラ「ナナ」のコスプレでイベントに参加中、千秋(攻)と遭遇。
承:千秋はナナの代わりに夏川を抱き、夏川は片想い相手の代わりに千秋へ身を委ねる関係に。
転:千秋の母が再婚することになり、転校。二人は疎遠になってしまう。
結:夏川は、片想い相手でなく千秋として身を委ねていたことを自覚し、千秋の元へ訪れ告白する。