【昨日はお楽しみでしたね】今さらながら「学園ハンサム」をプレイする(第5回)

前回のあらすじ
鏡 蓮児
鏡 蓮児

それが鏡イズムなのです。

西園寺 輝彦
西園寺 輝彦

学校のトイレでしたうんこが流れなくなって

伊東 快児
伊東 快児

うんこ爆発!ダイナミックですね。

次郎(校長先生)
次郎(校長先生)

一度くらい誰かを誘ってみたらどうだ?

早乙女 拓也
早乙女 拓也

ラブラブ広場で待ち合わせな!

プレイしているゲーム
スポンサーリンク

続きからプレイ開始

8月 1日目

伊東 快児
伊東 快児

今日は拓也と
花火大会に行く日だ。

わたし
わたし

やったね!

伊東 快児
伊東 快児

ごめん、待った?

早乙女 拓也
早乙女 拓也

いや、俺も今来たとこだよ。

さあ、行こうぜ!

わたし
わたし

すごくイイ感じなんだけど

主張の激しいTシャツだね。

I’m seventeen now

(少し前に誕生日だったね)。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

祭りの空気っていいよな。

活気があって…

何度来てもワクワクするよな。

そろそろ花火だ。

伊東 快児
伊東 快児

わあ、綺麗……。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

なあ快児、

今日俺ん家
泊まりに来ないか?

わたし
わたし

ムムッ!?

(CV:川平慈英)

早乙女 拓也
早乙女 拓也

いや、今までのんびり話す
機会も無かったし、

久々に積もる話でも
しようかなーって…

ダメかな?

伊東 快児
伊東 快児

ちょっと家に電話してみるよ。

優(妹)
優(妹)

拓也お兄ちゃんの家に
泊まるんでしょ。

お兄ちゃんも
なかなかやるねえ…

わたし
わたし

(*´ω`)(´ω`*)ネー

早乙女 拓也
早乙女 拓也

今日の夕飯は
俺の特製ジャンボお好み焼き

カ◯リーメイト味だ!

わたし
わたし

お夕飯、

屋台で食べてなかった?

伊東 快児
伊東 快児

わあ…いただきます!

わたし
わたし

男子高校生だと

こんなもんか。

拓也母
拓也母

この子、快児君が
引っ越して行った後、

毎晩泣いて大変だったのよ?

1ヶ月は
そんな調子だったかしら…。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

ある事ない事話すんだから…

快児、真に受けるなよ?

わたし
わたし

そんなこと言っちゃって〜!

早乙女 拓也
早乙女 拓也

それはそうと、お前さ…

別のとこ住んでた時に、

恋人とかできてたりする?

伊東 快児
伊東 快児

えっ…できてないよ!

今まで恋愛なんて

縁がなかったし…。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

久しぶりに会ったら

ずいぶん男前になってたからさ…

俺の知らないとこで

色々あったのかなー
なんて思って…。

それ聞いて
ちょっと安心したよ。

お前寿司ネタで何が好き?

俺はイカかな。

わたし
わたし

話のはぐらかしかたが

下手すぎて愛しい。

伊東 快児
伊東 快児

僕はハンバーグかな。

わたし
わたし

邪道だなぁ。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

お前邪道だなー!

アハハ…。

わたし
わたし

広島風お好み焼きに
ブチギレた主人公と

ハンバーグ寿司に
笑ってくれる早乙女くん。

相対的に早乙女くんが
異常にいい子に見える。

伊東 快児
伊東 快児

その日は遅くまで笑い話から

思い出話、
いろんな事を語り合った。

語り疲れて、
僕たちはいつの間にか

眠ってしまっていた。

スチル:同じふとんに2人…

わたし
わたし

久々の主張アゴ!

伊東 快児
伊東 快児

なんだか目が覚めてしまった。

それにしても拓也の

両親が言ってた事、

本当なのかな? 

あの、いつも元気な

拓也が泣くなんて…意外だけど、

本当だったら嬉しいな…。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

…快児。

伊東 快児
伊東 快児

ん?寝言?

早乙女 拓也
早乙女 拓也

俺、快児の事はずっと大切な

親友だと思ってた。

いい奴だし、男らしい部分も

あって…友達として尊敬してた。

再開した時、すごい衝撃だった。

もう会わないと思ってた親友が

ここにいる。しかも、

かっこよく成長した姿で…。

それからはお前と会う度に

ドキドキして、胸が熱くなった。

それでも最初は気のせいだと思った。

だけど、そのうち気のせいじゃ

ごまかせないくらい気持ちが大きく

なって…今日、やっと気づいた。

わたし
わたし

告白だ!

早乙女 拓也
早乙女 拓也

俺、快児ふぁ〜ぅんの事が好きなんだ。

わたし
わたし

「ふぁ〜ぅん」のせいで

しまらない告白だなぁ。

早乙女 拓也
早乙女 拓也

この友情を壊したくないから、

面と向かって言えないけど…

俺、この気持ちだけは

どうしても消せない。

だから、せめてこの気持ちは

大切にしまっておきたい…

お前に迷惑はかけないから。

だから一度だけ…

寝てる時にするなんて卑怯だけど…

この一度だけ…許してほしいんだ…。

伊東 快児
伊東 快児

えっ、今、キス…。

伊東 快児
伊東 快児

た、拓也……。

寝てる。

やっぱり寝言だったのかな…。

わたし
わたし

んなわけあるか〜い(ニヤニヤ)。

翌朝

早乙女 拓也
早乙女 拓也

いやー、昨日は楽しかったな!

いい思い出ができたよ。

また遊ぼうな。

伊東 快児
伊東 快児

うん、僕も楽しかった!

じゃあまた!

わたし
わたし

何事もなかったかのように。

伊東 快児
伊東 快児

ただいまー。

優(妹)
優(妹)

昨日はお楽しみでしたね…。

わたし
わたし

それな。

伊東 快児
伊東 快児

ただ友達同士で遊んだだけだよ。

わたし
わたし

とぼけちゃって〜。

優(妹)
優(妹)

おつかれさま!

8月 終了

8月が終わりました。
キリがいいので、今回はここまで。

ルートが絞れてきたぶん、
1ヶ月あたりの濃度が薄めになっているのか、
単純に夏休みだからなのか分かりませんが
8月もわりとすぐに過ぎて行きましたね。

拓也普通にいいキャラなんだよなぁ。
このままうまくゴールインできますように。

次の第6回は9月の様子をお届けします!

「おもしろそう!」と思った方は
ぜひぜひプレイしてください。

アイコンで使わせていただいているのはこちらの素材です。
ナレーションだけ自分で作りました。