朝、勃つたびに君を想ってる「後悔なんてしない」ネタバレ感想・情報まとめ

スポンサーリンク

「後悔なんてしない」 あらすじ

夢を抱いて
田舎の孤児院から
ソウルへとやって来た
青年・スミン。
思いとは裏腹に、
バイトに追われる
その日暮らしの日々。
そんな時、彼に一目惚れした
御曹司・ジェミンに声を掛けられ、
久々に心をときめかせる
スミンだったが、
ジェミンには婚約者が…。

「後悔なんてしない」 作品情報

作品名

後悔なんてしない

監督/脚本

イソン・ヒイル

主演

イ・ハン
イ・ヨンフン

配給

ツイン

「後悔なんてしない」 作品の雰囲気

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
演技重視←|―|―|―|●|―|→見目重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→画図重視
けんぜん←|―|―|―|―|●|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ リバ

「後悔なんてしない」 登場人物まとめ

イ・スミン

#黒髪 #中背 #筋肉質 #タバコ #男娼 #孤児院出身 #ゲイ #やんちゃ #プライド #生意気 #トイプードル

「クソ野郎どもめ 死んでも尻は向けない」
「寝るところがないならうちに来いよ 数日だけだぞ」
「金儲けして悪いのか?」
「たとえ1億 積まれても許せない」
「貯金しろよ 夜学に行けないぞ」
「気に入ったから 特別に分割払いで」
「毎朝勃つ度に 君を想っていたい」

出典:イソン・ヒイル『後悔なんてしない』(ツイン、2008年)

ソン・ジェミン

#黒髪 #長身 #細身 #タバコ #社長令息 #長男 #後継者 #ゲイ #一途 #健気 #ヘタレ #衝動的 #自己中心的

「君のモノが拳銃だったなら 僕の中で引き金が引けただろうに」
「一度だけでいい 人として見てくれ」
「貧しい男は心を受け入れてくれない どうすればいい?」
「バックは初めて? そうか ありがとう」
「君とのヨーロッパ旅行を 1日中ネットで探してた」
「母さんか? ゲイなのは知ってる」
「すまない さっきの彼は…僕の愛する人だ すまない」

出典:イソン・ヒイル『後悔なんてしない』(ツイン、2008年)

「後悔なんてしない」 キャラクター比較

年齢:スミン < ジェミン
身長:スミン < ジェミン
体格:スミン > ジェミン
階級:スミン < ジェミン
立場:スミン < ジェミン(→スミン=ジェミン)

「後悔なんてしない」 起承転結ネタバレ

ここから先は
ネタバレを含みます。
ご注意ください。

18歳になり、孤児院の施設から追い出されたスミン(攻)。
期待を胸に、田舎町からソウルへとやって来たが、
学も経験もない彼を
受け入れてくれる場所は少なかった。
昼は工場勤務の派遣、
夜は運転代行のアルバイトをしながら、
安い屋根部屋で暮らす日々。

ある日、運転代行で送り届けた男・ジェミン(受)に
口説かれたが、無下にして立ち去る。
翌日、急な派遣切りをされたスミン。
事務室から出ると、そこにはジェミンがいた。
彼は社長の跡取り息子だったのだ。

スミンが工場で働いていることを
知らなかったジェミンは、
彼を派遣切りの対象から外すように
部下へ指示する。
しかし、スミンのプライドが許さず、
自主的に退職してしまう。

飲食店に転職したスミンだったが、
パワハラに耐えきれず、
短気な性格も影響して、すぐに辞職。

孤児院の先輩に男娼としての
働き口を教えてもらったが、
プライドが許せず一度は辞退する。

ほかに稼ぎの良い仕事もなく、
身寄りもなかったスミンは、
男娼として働き始める。
金のためと割り切り、
店のNo.3にまで上り詰め、
後輩の面倒も見るようになった。

いつも通り仕事として
接待部屋に入ると、
そこにはジェミンがいた。
スミンをずっと探していたのだと言う。

苛立ちながらも
金のために犯し、
「二度と来るな」と釘刺したが、
諦めないジェンミに対し、
次第に絆されてゆくスンミ。

何度かデートを重ね、
ついに交際を始めた二人。
互いの家に泊まり合うようになり、
穏やかな日常が続く。

ヨーロッパで入籍する計画も立て、
スンミは男娼を辞めた。

ところが、幸せは長く続かなかった。
ジェンミの母が、
取引先の令嬢との結婚を
強引に進めてしまったのだ。

最初は歯向かっていたジェンミも、
やがて周囲からの重圧に押され、
スンミに別れ話を切り出す。

今までジェンミに追われる側だった
スンミが追う側に回り、
復縁を求めるが、無下に扱われる。

時を同じくして、
スンミが面倒を見ていた後輩が死亡。
孤児院出身の彼の遺骨を
引き取る者はいなかった。
彼を気に入っていた客も、
最後は見放してしまったのだ。
二重、三重の悲しみの中に、
静かな怒りを沸き上がらせるスンミ。

スンミは、仲間と共に
ジャミンを襲い、
復讐することにした。

一方のジャミンは、
政略結婚よりも
スンミが大事なことを再認識し、
婚約者を振って会社を飛び出した。

何も知らないスンミは、
後ろからジャミンを殴り、
山奥へと連れてゆく。

生き埋めにしようとしたところで
情が沸き、仲間を止めると、
反撃をくらって
意識を無くしてしまう。

目覚めた二人。
何か会話をしたのか、
晴々とした顔で空を見つめている。

乗り捨ててあった車へ乗り、
心中を図るが、助かってしまい──

続 き は 本 編 で !
(エンディングの種類:希望のあるオープンエンド)

「後悔なんてしない」 おすすめポイント

良い意味で、
ストーリーがちゃんとしている
長編AVやゲイビっぽい
です。

というのも、登場人物たちが
少し野暮ったさを残しているので、
かえってエロさが際立つというか、
生々しさがあるんです。

これまでに紹介してきた映像作品だと
僕の名前で君を呼んで
ぼくを葬る
LONG TIME NO SEE
なども
両者が裸になって
絡むシーンはありましたが、
オシャレで芸術的で耽美的な
印象を与えるのに対し、
本作は生活感がすごい。
それが良い方向にアシストしていて、
視聴者が物語に没入できるんです。
ここが良いAVっぽさ。

また、リバが好きな人には
ぜひオススメしたい。

リバ好きに嬉しい、
初夜が2回」あります。

1回目の初夜、00:30:00では
スミンが男娼として
ジェミンを抱きます。

2回目の初夜、
1:03:00では
「誰にもヤらせねー」
って言っていた
バリタチのスミンが、
プライベートでバックバージンを
ジェミンに捧げます。

2回目の初夜までは
荒々しくてトンガっていた
スミンが、丸くなって愛らしくなる。
「受けチャン」みたいな表情を
見せるようになるので、
切り替えがおいしい!
それまでヘタレだったジェミンが
ややスパダリ感を出してくるのも好き。

終わりは少しモヤッとします。
ただ、内容というよりは
尻切れトンボ感でのモヤッと。

希望あるエンディングではあるので、
怖がらずに観て
大丈夫です。

「後悔なんてしない」 予告映像