コワモテ雄っぱいとワンコの恋「俺をペットにどうですか」ネタバレ感想レビュー

受「マーキングするか?」
攻「してもいいですけど

  恥ずかしいのは聖司さんですよ」

作品名
俺をペットにどうですか
作者名
中田アキラ
レーベル
アクアコミックス
あらすじ
大学2年のオレ・佐々は、子猫の保護主・恩田さんに激しく萌えてしまいました…! 
コワモテだけど、笑うとかわいい顔になるところ。部屋中猫グッズだらけなところ。現場仕事で育てあげた、キレイな雄っぱい。恩田さんの全部がとにかく愛しい!!! 
つい勢いまかせで「俺をペットにしてください!!」なんて言ってしまって…?
同時収録
「バーテンダーの憂鬱」
(ヤクザ・神崎英二×バーテンダー・沖島)
「カレシに求められすぎる件」
「学ラン下の恋妄想」
(変態紳士・美濃部裕一×ツンデレ・若本大輔)

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|●|―|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|●|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|●|―|―|―|→受の良さ

攻め情報

佐々 和樹
 #茶髪 #長身 #細身 #19歳 #大学生 #弁当屋 #長男 #姉 #わんこ #素直 #一途 #健気

「これがギャップ萌え…」(14ページ)
「聖司さん!! 名前通りの御人や!!」(26ページ)
「…俺 本当はそんな酔ってない」(38ページ)
「…なんで今ここで言うんですかぁ 抱きしめたいです」(57ページ)
「もっとはっきり甘えてくれていいんですよ!」(79ページ)

出典:中田アキラ『俺をペットにどうですか』(オークラ出版、2015年)

受け情報

恩田 聖司
 #黒髪 #中背 #筋肉質 #雄っぱい #コワモテ #24歳 #土木業 #長男 #妹 #両親離婚 #DV父 #不器用 #世話好き

「…あ? いらねー…ですけど」(10ページ)
「男の部屋にばっか来て 彼女の1人もいねーのか? ペットくん」(19ページ)
「酒なんか飲ませるんじゃなかった この駄犬が」(36ページ)
「…お まえは… 俺が 自然体でいられる …初めてのヤツだ」(63ページ)
「…ペットって 飼うと飼い主のがハマり込むことあるよなぁ…」(82ページ)

出典:中田アキラ『俺をペットにどうですか』(オークラ出版、2015年)

攻めと受けの対比

年齢:攻<受
身長:攻>受
体格:攻<受
階級:攻>受
立場:攻<受

起承転結ネタバレ

登場する動物:猫の「チョコ」(白いので、ホワイト“チョコ”)

佐々一家が保護猫を引き取ることに。
発案者は和樹(攻)の姉で、
和樹は当日まで忘れていた。

猫が来る日、やって来たのは
コワモテの男・聖司(受)。
見覚えがあると思ったら、
バイト先の弁当屋でも
「怖い」と恐れられている人物だった。

無事に猫を受け取り、
意外と優しい男だと知った和樹。
猫との別れが惜しいのか、
寂しげに去ってゆく聖司の後ろ姿が
気になった和樹は、
「俺をペットにしてください!!」
と詰め寄る。

コワモテな外見とは裏腹に、
ノリがよく面倒見のいい聖司は、
和樹をペットとして受け入れた。

お散歩をしたり、
一緒にごはんを食べたりして、
徐々に距離を縮める2人。
聖司の温かさに触れた和樹に、
恋愛感情が芽生え始める。

和樹の20歳の誕生日は、
聖司の家で祝うことになった。
誕生日祝いの酒を飲み、
気が大きくなった和樹は、
思わず聖司を押し倒してしまう。
酒に酔った冗談ということにしたが、
気まずくなり、疎遠に…。

1ヶ月が過ぎても連絡がなく、
意気消沈する和樹。

ある日、弁当屋に聖司が来訪。
弁当を購入し、
閉店まで待つと告げる。

久々のお散歩。
聖司は自分の過去話を聞かせ、
和樹の存在に救われたことを打ち明ける。
和樹も、誕生日の夜のことを弁明。
酩酊していたわけでなく、
本気でそういう関係になりたいと告白。

交際スタート。
始めはがっついていた和樹だったが、
年上の聖司のために背伸びしようと
余裕のある素振りをするようになる。
しかし、その行動は
聖司を寂しくさせていたようで──

続きは本編で!
(エンディングの種類:あまあまハッピーエンド)

試し読み・ご購入はこちらから

電子書籍







紙の本


500字感想文

こういう受け、好きィ。

タイトルやカバーイラストでは
和樹を推しているんですが、
中身を読むと
「聖司かわいい〜〜〜〜〜!!!!」
になります。

年下ワンコ攻めの王道感に対して、
少しひねってある受けの要素が良い。
コワモテ+雄っぱい+猫好き+クーデレ
…てんこ盛り!
攻め視点の物語なんですが、
ギャップ萌えするのも分かる。

短編集としても、
お話のテンポ、キャラクター、エロなど、
全体的に「ちょうどいい」作品でした。
王道すぎず、ブッ飛び過ぎず。

3つのカップリング、すべてに共通するのは
攻めが「ガンガンいこうぜ」の姿勢なところ。

1作目はワンコ的な強引さ、
2作目はスーパー攻め様的な強引さ、
3作目は変態紳士的な強引さ。

タイプの異なる押しかた。
そして、ストーリーのテイストも
3作品すべてバラバラです。

1作目はコミカル+シリアス半々、
2作目は少しシリアス、
3作目はコミカルに全振り

軸(強引な攻め)はあるけど
見せ方がすべて違うので、
最後まで飽きない短編集でした。

また、短編ということもあり
テンポよく話が進みますが、
急な展開はないので、
安定感があるのも良かったです。