ハーレム系BL漫画「NATURAL DOGGY’S DIARY」1〜2巻ネタバレ感想レビュー

攻め×3→→→受けの行方は!?

作品名
NATURAL DOGGY’S DIARY 
作者名
寿たらこ 
レーベル
花音コミックスCita Cita Series
あらすじ
専門学校生の花咲椿は、3人兄弟の末っ子。時々長男の冬時の経営する動物病院で受付のバイトをしています。最近、奥手の椿に気になる人が出現! それは、フレンチブルドックの飼い主さんで高校生の妙典忠義くん。だけど、彼は気持ちは椿の兄・桜に傾いているみたい。落ち込む椿を今度は忠義の兄・正義が口説き始めて……!?

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|●|―|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|●|―|―|―|→えちえち
さわやか←|●|―|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|―|●|―|→受の良さ

攻め情報

妙典 忠義
 #黒髪 #長身 #筋肉質 #めがね #高校生 #ヤリチン #面食い #無神経 #優しい #負けず嫌い #鈍感

「オレがカサさしますよ アナタ カサないでしょ?」(1巻16ページ)
「椿さんもあんな顔誰にでもすんな!ってかんじだよなー…」(1巻70ページ)
「オレにやつあたりしちゃったくらいで そんな落ちたりしないでほしい…」(1巻99ページ)
「俺が何も気付かないような鈍い奴だと思うなよ」(2巻9ページ)
「桜さん! オレの頭トリミングして下さい!」(2巻92ページ)
「俺って…──本当にあのひとのこと好きになったんだな」(2巻114ページ)

出典:寿たらこ『NATURAL DOGGY’S DIARY』(芳文社、2010-2011年)

妙典 正義
 #茶髪 #中背 #筋肉質 #スーツ #27歳 #社長 #不動産 #軟派 #男前 #ナルシスト #余裕 #面倒見がいい

「キミなんさい? 名前なんていうの? ぼかぁね妙典正義27さい 職業は不動産関係デス♡」(1巻ページ)
「オレはちゃんとした「おつき合い」をしている ただ数が多いだけで」(1巻36ページ)
「身近な人達に何かあったら心配だろ」(1巻118ページ)
「椿ちゃんは俺より大人ですよ」(2巻47ページ)
「運転手は是非ワタクシめに」(2巻100ページ)
「忠義とオレだったらどっちがSかMか」(2巻168ページ)

出典:寿たらこ『NATURAL DOGGY’S DIARY』(芳文社、2010-2011年)

花咲 
 #金髪 #中背 #筋肉質 #美人 #タトゥー #トリマー #伝説の走り屋 #一途 #二面性 #柔和 #ゆるふわ #嫉妬 #執着

「いいとこ来た♡エプロンゆるゆるだから結んで♡」(1巻78ページ)
「そんなハズないよねぇ! なんせ忠義君は僕に憧れてるんだからなァ!」(1巻90ページ)
「兄弟愛と恋愛の境界を教えてください」(1巻110ページ)
「おひさまが気持ちいいね♡」(2巻21ページ)
「椿はまだまだ幼くて子供なので 妙典さんあんまり悪い事教えないでくださいねえ」(2巻46ページ)
「俺の椿への気持ちは繊細でピュアでもはや信仰なんだよ!!」(2巻70ページ)

出典:寿たらこ『NATURAL DOGGY’S DIARY』(芳文社、2010-2011年)

受け情報

花咲 椿
 #黒髪 #小柄 #華奢 #かわいい #専門学生 #内気 #臆病 #真面目 #素直 #自己否定

「あ゛〜〜〜っ自分のバカバカ!! 好きなコに八つ当たりしてどうすんの!!」(1巻74ページ)
「才能全然無いし!恥ずかしいです…っ本当に…何やっても要領わるいし…」(1巻123ページ)
「僕なんかのせいで…本当にすみません」(1巻146ページ)
「──…今 ぼく…いっぱいいっぱいです…──」(2巻34ページ)
「行こ! 忠義くん! ボクの部屋!」(2巻102ページ)
「ごめん〜今日は夕飯作りたくない〜っ宿題出てるから…」(2巻166ページ)

出典:寿たらこ『NATURAL DOGGY’S DIARY』(芳文社、2010-2011年)

攻めと受けの対比

年齢:攻1<受<攻3<攻2
身長:受<攻2<攻3<攻1
体格:受<攻1=攻2=攻3
階級:受=攻3≦攻1<攻2
立場:受=攻1=攻2=攻3

起承転結ネタバレ

登場する動物
 フレンチブルドッグの「ジュニア」
 トイプードルの「チェリー」
 柴犬の「コロ」とその奥さんと子供たち
 かたつむりの「マイキー」

 そのほか
  オールド・イングリッシュ・シープドッグ
  ゴールデン・レトリバー
  ペルシャ
   など動物病院に訪れた子たち

起(1巻)

兄・正義(攻2)の犬の面倒を
押しつけられた忠義(攻1)は、
足繁く動物病院へ通っていた。

その理由はトリマーの桜(攻3)。
西洋の血が入った彼は、
金色に輝く髪に
中性的な顔立ちをしており、
性格も柔和で優しかった。

一方、同じ動物病院で
受付をしている
桜の弟・椿(受)は、
忠義に惹かれていた。
かつて、雨の日に
優しくしてもらったことが
きっかけで、
想いを寄せている。

仕事が一段落つき、
手の空いた正義が
忠義と一緒に
動物病院へ行くと、
その状況を察知。

自信家で軟派の正義は、
桜と椿、両方へ
唾を付けようとする。
こうして、
奇妙な四角関係が
始まった。

承(1巻)

しかし実際は四角ではなく、
3人のベクトルが椿へ
向かうこととなる。

椿の兄・桜は義兄弟で、
初めて出会ったころから
ずっと椿を想っていた。
それは兄弟としてでもあったが、
恋愛感情もあるのではないか、
と葛藤していた頃に
妙典兄弟が現れ、
焦りを露わにしてゆく。

ある日、ヤクザ風の男達に
連れ去られる椿を見た正義。
「花咲さんが連れ去られた」
と聞き、桜が攫われたと
勘違いした忠義は、
急いで現場へと向かう。

そこには怪我ひとつない椿が、
今にも出産しそうな犬の
面倒を見ていた。
「なんだ椿さんか」と
失言をする忠義に怒る椿。

やさしい椿から初めて
怒られた忠義は、
椿には嫌われたくない、
と思い、桜への気持ちは憧れで、
椿への気持ちが好意だと気づく。

転(2巻)

一方、正義もまた、
椿を慰めているうちに
惹かれ始め、
思わず唇を重ねてしまう。

そのことを遠回しに
家族たちへ相談した椿。

桜は、
「言葉で伝えるには
 なんだか冗談みたいで
 でも凄く伝えたい
 気持ちがいっぱい」
なとき、
好きな人へキスしたり
触れたりするのだと伝える。
そして、ひた隠しにしていた
自分の想いを指先に込め、
椿へと触れた。

桜の想いを知った椿は、
正義からのキスや
忠義への片想いなど
あまりの情報過多に
パンクしてしまう。

結(2巻)

現在連載中!

すごく「これから」ってところで
終わってしまっているのですが、
2011年から続きが
発表されていないので、
続編はあまり期待できないかも…。

2巻の終わりには
「To Be Continued…」
とあり、ここで
終わっているわけでは
ないことは確かですが、
長年続刊が出ていないせいか
電子書籍ストアでは
「完結」扱いになっている
ところも見られます。
完結済の作品を
お探しの方はご注意ください。

試し読み・ご購入はこちらから

電子書籍で買う







紙の本で買う

楽天ブックス…売り切れ
アニメイト……売り切れ
Yahoo!…売り切れ

500字感想

受けに自己投影して
読むタイプの方に
おすすめな作品

ハーレム要素のある
BL漫画で、
それぞれ違った魅力の
男たちに言い寄られるので、
「こんなん迷うわ…!」
となるトキメキに溢れてます。

幼少期からずっと一緒にいる
美しくて優しい義兄・桜。
困っている自分と捨て犬を助けた
年下の和風イケメン・忠義。
大人の余裕と経済力がある
ハーフ顔の危険な年上・正義。

受けの椿も良い子なので、
ストレスなく読めます。
とくに、幼い頃の
「抱っこ」エピソードは
椿がなんとも可愛らしい。
天使かよ。

読み始めた最初は、
弟×弟と兄×兄の
ダブルカップルな話に
なるのかな〜と
考えていました。
構図的には
椿→忠義→桜←正義
だったからです。
これが
椿→←忠義/桜→←正義
になるお話のように
見えていたのですが、
3話から桜が急に参戦!

1〜2話と3話以降で
桜の体型と顔つきが
変わっているのと、
もともと正義が
桜狙いだったので、
途中で変えたのかもしれません。
でも良い舵変更ですね。
物語がどう展開するか
分からなくなったので、
続きが気になる連載に
なりました。
それだけに10年間
続刊が出ていないのが
悔やまれます……。

1巻おわり〜2巻はじめは正義のターン、
2巻おわりは桜のターン、
となっていたので、
3巻はじめまで桜のターン、
おわりは忠義のターンで
来るのかな〜と思っています。

3巻はよ!!