ウリ専の少年と猫、拾いました「捨て猫の飼い方 ~けもの荘へようこそ~」ネタバレ感想レビュー

男前な家主
×
健気な孤児

作品名
捨て猫の飼い方 ~けもの荘へようこそ~ 
作者名
街こまち
レーベル
ビーボーイコミックスDX
あらすじ
ボロボロな俺を拾った男・恵介が連れてきたのはワケありペットと同居が入居条件の不思議なアパートだった。お礼に俺ができるのは身体を差し出す事だけなのに恵介にはキッパリ拒否られて反対に怒られるし、まるで犬猫みたいな扱いにムキになって誘っても全然なびいてくれない! …こんなに優しくされても、俺、どうしていいかわからないのに――!!
同時収録
「一匹狼のしつけ方編」
(温厚糸目めがね×ツンデレ黒髪)
「メラニズムの恋」
(真っ白な鹿×普通の鹿の擬人化)

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|●|―|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|―|●|―|→非現実的
特殊設定←|●|―|―|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

犬渕 恵介
 #茶髪 #長身 #細身 #大家 #男前 #俺様 #面倒見がいい #元ヤン #ネグレクト

「最後まで面倒みてやっから 安心しろ」(16ページ)
「別に何か見返りが欲しいわけじゃねーよ ただ幸せになってほしいからやってんだ」(35ページ)
「お前はウチの子だ たとえお前のお願いでも 他所にはやらねぇよ」(63ページ)
「どっちにしろ面倒みるって決めたんだろ だったら最後までしっかりみな 俺も協力するから」(158ページ)
「お前だけは手放してやれない いいか お前も俺を手放すなよ 空」(175ページ)

出典:街こまち『捨て猫の飼い方 ~けもの荘へようこそ~』(リブレ、2019年)

受け情報


 #黒髪 #小柄 #華奢 #孤児 #健気 #がんばり屋 #強気 #淫乱

「どうしよう いらないって言われた オレの唯一の価値を…」(28ページ)
「だ…大丈夫! オレ…ひとりでできるよ!」(53ページ)
「え そうかな!? オレでいいなら教えるよ」(119ページ)
「やっぱ恵介は懐が深いなーっスキだ〜♡」(148ページ)
「けーすけ もう一回シよ ゴムあとちょっとでなくなるからそれまで!」(179ページ)

出典:街こまち『捨て猫の飼い方 ~けもの荘へようこそ~』(リブレ、2019年)

攻めと受けの対比

年齢:攻>受
身長:攻>受
体格:攻>受
階級:攻>受
立場:攻>受

起承転結ネタバレ

登場する動物
 猫の「ミィ」
 犬の「ムサシ」

路地裏でウリをして
生活する空(受)は、
ある日、子猫のミィと一緒に
恵介(攻)に拾われた。

あんたも

オレと

ヤリたい?

バカかお前

恵介のアパートは、
動物たちの
里親募集を兼ねた
施設となっており、
「ワケアリ動物との
 同居OKの人のみ
 入居可」という
条件で住人を
募集していた。

どうやら
全身ボロボロで
ミィと過ごす空を
見かねて連れてきて
くれたようだ。

回復するまで
面倒を見てくれる
恵介にお礼をしたい空は、
ベッドへ潜り込むが
拒絶されてしまう。

身体を差し出す以外に
お礼をする方法を
知らない空は戸惑うが、
恵介は何もしなくても
アパートにいて良いと言う。

恵介は好きな相手とだけ
身体の関係を持つべきなのだと
空へ教える。

空は恵介のことが
好きだと告白。

それから身体を
重ねるように
なったものの、
空はどこか焦った
セックスをしている
ように見える。

理由を聞くと、
「お礼」にならない
からだと言う。

お礼って何?

だってずっと

ここに居させて

ほしいから

「好き」だから
抱き合っていると
思っていたのに、
そう言われて
ショックを受けた恵介は
空の「お礼」を拒絶。

一方、空は
自分の存在価値は
身体しかないと
考えており、
それを拒否された今、
アパートにはいられないと
外へ出て行ってしまう。

恵介は
見返りがほしくて
好きになるわけではない
と伝え、アパートへ
戻ってきてもらう。

しかし、
恵介に依存しているように
見える空を
快く思っていない人物も…。

恵介の旧友であり、
アパートの住民でもある
獣医師は、空のことを
追い出そうとしてくる。

獣医師の言い方は厳しいが
尤もだと考えた空は、
部屋の掃除をしたり、
ごはんを作ったり、
重い荷物の買い出しをしたり
恵介のサポートをする。

だ…大丈夫!

オレ…ひとりで

できるよ!

頑張りすぎるなよ

空が手伝ってくれるおかげで
助かっている恵介だが、
無理をしているように
見える姿が気になっている。

空が一生懸命手伝うほど、
二人の時間は減ってゆく。

そして獣医師は
空に対して強硬手段に出て──!?

続きは本編で♡
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

試し読み・ご購入はこちらから

電子書籍で買う







紙の本で買う



500字感想

恵介(攻めの包容力と度胸が
とても格好いい。

不特定多数の男から
雑に抱かれていた上、
後孔が真っ赤で
熱を出していた空(受け)。
普通に病気もってそうで
怖いんですが、
お尻の外傷が治ったら
恵介は優しく抱きます。
ここで包容力だけでなく
度胸もすごい…
ってなりました。

フィクションとは
分かっているんですが、
あまりに性病罹患していそうな
症状と状況だったので
気になってしまって(笑)

その後、元ヤンキーだった
という設定が出てきて
なるほど!と納得しました。
道理で男前で俺様で
面倒見が良くて度胸のある
アニキ感が漂っている
わけだわ〜と。

空も可愛い健気な子で、
家事をがんばろうとしたり
アパートの住人から
嫌なこと言われても
恵介に告げ口しなかったり。
かわいい系なのに
恥じらいがないのも好き。

表題作以外にも
アパートの別室カップルの話と
鹿の擬人化の話が入っていて、
ケモナーには後者の短編を
オススメ
します!