バツイチ店長にゃーん!猫カフェBL「恋きらり、陰するり」ネタバレ感想・情報まとめ

バツイチのイケメン猫カフェ店員
×
ひたむきに真っすぐな大学生

作品名
恋きらり、陰するり 
作者名
しっけ
レーベル
drap comics 
あらすじ
ネコカフェ店員の野上は、彼氏に浮気され帰るところを無くした常連客の久米を家に泊めることに…。そのうえ酔った久米に迫られ、断りきれずその場の勢いで抱いてしまう。後日、久米に告白されるがバツイチの野上には彼の気持ちを受け入れることができなかった。それでも傍にいたいと望む久米と同居生活が続くが――。

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|●|―|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|●|―|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

野上 淳
 #茶髪 #長身 #細身 #猫カフェ店員 #バツイチ #穏やか #諦観 #面倒見がいい #自己否定

「…連れ込んだのまずかったかな でもこの子がそうだとしても 男がみんな恋愛対象ってわけではないだろうし そんなことを理由に追い出すのもおかしいしな」(27ページ)
「出会うのが今じゃなかったら俺のことを好きになんてならなかっただろうに──」(75ページ)
「はは 悪者にしちゃいけないよ 嫁に悲しい思いをさせたのは俺のほうだからね」(100ページ)
「異性でも同性でも、同じ温度感で”一緒にいたい”と思える人と出会えたこと自体 奇跡みたいなもんだよな」(141ページ)
「嬉しいことがたくさんあったからお酒が美味しいんだよ」(161ページ)

出典:しっけ『恋きらり、陰するり』(コアマガジン、2020年)

受け情報

久米 壮太
 #金髪 #中背 #細身 #21歳 #大学生 #両親離婚 #純粋 #健気 #自己犠牲 #強引 #前向き

「目 瞑ってください 奥さんのこと思い出して いっぱい気持ちよくなってください」(43ページ)
「あんな絶望 二度と味わいたくなくて 恋愛なんてもうしないって思ってたのに 野上さんと一緒にいたいって思っちゃったんです」(71ページ)
「大学とかバイトとか頑張ってる姿見てもらえたら野上さんの気持ちも少しは動くかもしれないから す… 好きになってもらうのが難しくても一緒にはいてもらえるかなって…」(98ページ)
「でも片想いを打ち明けてる人に手作り料理を出すなんて重かったですよね」(132ページ)
「無理はしてほしくないので 続きができなそうだったら…キスだけでも あ 淳さんから してもらえたら嬉しいです…」(144ページ)

出典:しっけ『恋きらり、陰するり』(コアマガジン、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻 > 受
身長:攻 > 受
体格:攻 = 受
階級:攻 > 受
立場:攻 ≧ 受

ざっくり起承転結

ここから先はネタバレを含みます。
ご注意ください。

猫カフェに通っている
大学生の久米(受)。
最近は身の回りが忙しく
なかなか行けなかったが、
久々に来店すると
見知らぬ店員・野上がいた。

猫へ向ける視線が優しい彼に、
久米は思わず一目惚れ。
猫カフェへと通いながら、
チラチラと野上の姿を
目で追うようになる。

ある日、
同居する恋人に
浮気された久米は、
行くあてもなく
閉店間際の猫カフェを訪れる。

見捨てられなかった野上は、
妻と別れたばかりの自宅へ
久米を招き、妻の寝室を貸した。

そして翌日から、
次の家が見つかるまで
宿泊させることに。

2日目の夜。
ふたりで映画を観ながら
ビールを飲んでいると、
久米が強引に押し倒し、
野上の局部を舐め始める。

なんで

こんなこと…

慰め合いです

俺も野上さんも

独りに

なっちゃったから

酔った勢いの行為だと
考えていた野上だったが、
翌日、
素面の久米から
真剣に告白される。

元妻のことが
まだ忘れられない野上は
告白を断るが、
久米の身の上話を聞き、
不憫な生い立ちに同情する。

野上さん

側にいて

くれます…?

いいよ

応援する

すると、久米は
側にいてもいい
=家を出て行かなくてもOK
と判断し、
引き続き住み込むことに。

強引な解釈に
やや困惑しながらも、
「そんなつもりじゃなかった」
とは言えず、
受け入れるしかなかった。

久米が住みついてから
にぎやかになった野上の家。
しかし数日後、
急に静かになってしまう。

久米が急に姿をくらましたのだ。
連絡もつかない状態で、
3日が過ぎた。
野上は柄にもなく
苛立ちと焦りを露わにする。

3日目の夜、
久米がソファに倒れ込んでいた。

話を聞きだすと、
疎遠になっていた父親と
会ったところ、
引き留められてしまい、
連絡手段も断たれていたと言う。

──数日後。
久米が猫カフェへ行くと、
いなくなっていた3日間、
野上の様子がおかしかったことを
スタッフから聞かされる。

自分の前では
何事もなかったような
そぶりをしていた野上が、
実は感情を乱していたことを知り、
久米は喜びを覚える。

期待で胸を膨らませ、
家でハンバーグを作って
帰宅するのを待つ。

ところが、
帰ってきた野上は
ただ事ではない様子で
荷物をまとめて
出て行ってしまう。

帰るの 

遅くなるかも

なんだ今の 目も合わなかった…

まるで眼中にない様子で
去ってゆく野上に、
元妻と何かあったのではないかと
不安を抱く久米。

一方、野上は動物病院にいた。
カフェの猫が急に嘔吐し、
その対処に追われてたのだ。
無事を確認し、
自宅へと戻ってくると、
食卓には冷め切った
ハンバーグが置かれていた。

室内に久米の姿はなく、
電話もつながらない。
一晩中探し回ったが、
どこにも見当たらず──

続きは本編で♡
(エンディングの種類:いちゃいちゃハッピーエンド)

本を買う

電子書籍で買う

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

電子書籍限定特典なし

紙の本で買う

数量限定特典なし

数量限定特典なし

数量限定特典なし

本を買う前に試し読みする

500字感想

「いなくならないでほしいとか
 これからも色んな表情を
 側で見ていたいとか思ってしまう
 こういう感情はなんて言うんだろうな」
(引用元:しっけ『恋きらり、陰するり』93ページ、コアマガジン、2020年)

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ〜〜〜〜!!!
頭の中のサンボマスター山口さんが
大暴れ。これは愛の話なんですよ…。

バツイチ攻めって設定が
難しいと思うんですけど
(結婚するほど好きになる相手が
 女性ってことなので、
 バイだとしてもかなりヘテロ寄り)、
この子だったら
恋に落ちても妥当だな〜となる
真っ直ぐな男の子・久米。

野上も言ってますが、
おそらく元奥さんて
悪い人じゃないんですよ。

「あなたは私がいなくても平気でしょ、
 私もあなたがいなくても平気」
そんなスタンスで出て行ってしまった。
これが久米だと
「あなたは私がいなくても平気だけど、
 私はあなたがいないとダメ」
なので関係が続けられる。

愚直に追いかけるタイプ、そして
無意識に振り回すような人じゃないと
野上とはやっていけない気がします。

野上は良くも悪くも
「理解ある大人」なので、
どこか諦めたり
冷めたりしている部分があって、
相手も同じタイプである場合、
簡単に別れが来てしまう。
奥さんと続かなかったのは
それもあると思うんですよね。
というより、「理解あると”思われたい”大人」
なのが思想の片鱗に現れてます。
「ここで突き放したらアレだなー」とか
「こうしなかったら悪いよなー」とか
そういうのが常に付き纏っています。

一方の久米は良くも悪くも
「正直な子供」なので、
空気を読むことは苦手だし、
物事には白か黒しかない。
自分の感情に対して率直に行動するので、
利用されるときは利用されてしまう。
カムアウトして家庭崩壊したり
交際相手に浮気されるのは
純粋すぎる部分があったから。

互いの足りない部分を
補い合うカップルですね。
よきかな。

そして猫の方々も可愛い。
にゅっと出るヌーさんも
三毛猫の方も可愛いですね…。
特に、お目目の描き方が好き。
愛されてるのが分かる瞳。

どこか諦観している年上攻め、
素直でエッチな年下受けが
好きな方にオススメ!

この作品が好きな人はこれも!

要素1:猫カフェが舞台
要素2:健気かわいい受け

要素1:バツイチ攻め
要素2:同居生活

要素1:同一著書
要素2:BLアワード2021エロ部門 第1位