奔放なムッチリ兄さんで童貞卒業「昨日はおたのしみでしたね」ネタバレ感想・情報まとめ

わたし
わたし

こんばんは。

佐原さわらカジカです。

本日のオススメは

こちら!

本日のオススメ
四方月ろーど「昨日はおたのしみでしたね」

童貞のワンコな年下攻め
×
淫乱ビッチなガチムチ受け

カフェオーナーの鮫島は、顔のいい男とすぐにヤるビッチなゲイおじさん。そんな鮫島に惚れてしまっているバイトの夏樹は鮫島が知らない男に押し倒されている現場に出くわしてしまい──!?

取り扱い店舗(電子書籍)

取り扱い店舗(紙の本)

本日のオススメは
四方月ろーど先生の作品
『昨日はおたのしみでしたね』

仕事がデキるカフェオーナー、けれど
プライベートはビッチな受け・鮫島
惚れてしまった
大学生のワンコなアルバイト・夏樹
鮫島の乱れる姿を目撃してしまい……
というところから始まるストーリーです!

表題作以外にも
1話〜前後編の短編が
3本
入っていて、
どれもタイプは違えど
すべて筋肉受けで嬉しい1冊。

早速詳しく紹介していきますね!

こういうのを探している人は読むべし!

  • 「大学生の童貞ワンコ攻め」で良い作品ないかな〜
  • 「ビッチなガチムチ年上受け」で萌える作品ほしい!
  • 「歳の差と経験の差が大きい」関係性をくれ……。
スポンサーリンク

作品の概要(あらすじ)

タイトル

昨日はおたのしみでしたね

著者

四方月ろーど

レーベル

麗人uno!コミックス

あらすじ

カフェオーナーの鮫島は、
顔のいい男とすぐにヤる
ビッチなゲイおじさん

そんな鮫島に惚れてしまっている
バイトの夏樹

ある日、知らない男に押し倒されている
鮫島を目撃
してしまう。

俺はあんたのことが好きなんだぞ…!?

同時収録作

俺の痴態を撮らないで!
(デキる後輩リーマン×フラれノンケ先輩リーマン)
おおかみさんは変人博士に溺愛されました
(山奥に住む美人博士×天然で純情なオオカミ人間)

作品の雰囲気

コミカル←|―|●|―|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|―|●|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|―|―|●|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|―|―|●|→受の良さ

わたし
わたし

「おおかみさんは〜」は

ファンタジー世界なので

非現実寄りですが、

表題作と「俺の痴態〜」は

現代日本が舞台です。

攻めも美人/イケメン攻め

良いけれど、やはり筋肉受け

良さが際立つ1冊!

登場人物まとめ

攻め:奥田 夏樹(おくだ・なつき)

#茶髪 #中背 #細身 #顔がいい #20歳 #大学生 #カフェ店員 #ヘタレ #童貞 #負けず嫌い

「おい! おっさん起きろ!」(8ページ)
「俺はいつまで 子供扱いされるんだよ!」(17ページ)
「俺じゃなきゃダメだってぐらい あんたの事 惚れさせてみせるから」(45ページ)
「今日は 鮫島さんの好きにはさせてやんねぇからな」(75ページ)

引用元:四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』(竹書房、2019年)

受け:鮫島 恭介(さめじま・きょうすけ)

#銀髪 #長身 #筋肉質 #ヒゲ #35歳 #カフェオーナー #お茶目 #面食い #淫乱 #ゲイ

「あっ!! そもそも童貞だからセックス自体 未経験か あはははははは」(12ページ)
「夏樹くんはさ まだ若いんだし 俺が認めるくらい かっこいいんだから わざわざこんなおっさん選ぶことないじゃない?」(32ページ)
「大人として はっきりフってあげなきゃダメだって わかってはいるんだけどな」(53ページ)
「相手は俺だぞ? もうちょっと経験積まないと」(84ページ)

引用元:四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』(竹書房、2019年)

攻めと受けの比較

【年齢】 攻 < 受

【身長】 攻 < 受

【体格】 攻 < 受

【階級】 攻 = 受

【立場】 攻 < 受

わたし
わたし

立場と階級は若干微妙で、

攻めの父親(不動産屋)が

貸している店舗を経営する

受けが攻めを雇っている状態

なので父親と別で考えるか

父親込みで考えるかで

捉え方が変わります。

ざっくり起承転結

ここから先は
ネタバレ
含みます。
未読の方は

ご注意ください。

なんでこんなおっさん好きになっちまったんだろ…

四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』8ページ、竹書房、2019年

 カフェでアルバイトをしている大学生・奥田は、オーナーの鮫島に惚れている。高校生のころ、初めて出会ったときから、周りにはいない落ち着いた雰囲気に憧れていた。
 ところが、出会って間もなく、奥田は想像もつかない場面に遭遇する。複数の男を相手に乱れる鮫島を見てしまったのだ。それでも好きな気持ちに変わりはなかった。
 奥田に見られたあとも、夜な夜な自宅へ男を招いている様子の鮫島。自分以外の男と寝てほしくない奥田は、どうにかして阻止しようとするが、恋人でもない立場では止めることもできない。

はぁ……困った子だな 本当の俺を知って 幻滅しても知らねぇぞ

四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』33ページ、竹書房、2019年

 ある日、鮫島と過去に関係を持った男が自宅へ押しかける。強引に迫ろうとする男から守るため、奥田は咄嗟に「俺がそのおっさんと付き合ってんの!」と嘘をついてしまう。
 その言葉に逆上した男が奥田へ危害を加えようとするが、鮫島が止めて事なきを得る。怪我がなくて良かったと微笑む鮫島に、思わず告白する奥田
 鮫島は、気持ちに気づいていたが答えるつもりはなかった。そう伝えても諦めない奥田へ跨がり、現実を教えて幻滅させようとする

あれもダメこれもダメって いつになったら俺のこと恋人だって認めてくれるんだよ

四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』51ページ、竹書房、2019年

 奥田は幻滅するどころか、さらにアプローチをかけてくるようになった。鮫島へ近づく男を牽制し、休日のデートへと誘ってくる。
 独占欲をあからさまにする可愛らしい様子に、鮫島は満更でもない顔を見せる。15歳差、さらに元々ノンケである奥田を受け入れてはいけないと分かってはいるが、もう少しだけ、と今の関係を続ける。
 しかし、奥田の態度が突然おかしくなる。今まではベッタリくっついて離れなかったが、バイトが終われば即帰宅、目が合っても逸らす、大好物のオムライスにさえ目もくれない……。

勢いで来たものの…これでもし夏樹くんの新しい恋人(?)に鉢合わせしたとしたら…どんな顔して…いやいや! 普通にしてればいいだろ! 落ち着け…! 冷静に…!

四方月ろーど『昨日はおたのしみでしたね』63-64ページ、竹書房、2019年

 他の相手に興味が移ったのではないか、と同僚に指摘される。本来喜ぶべきはずのことなのに、胸がざわついて仕方がない。
 思わず奥田の自宅へ駆けつけた鮫島だが、ドアの向こうから男の喘ぎ声が聞こえてきて──!?
 

続 き は 本 編 で ♡
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

「昨日はおたのしみでしたね」

取り扱い店舗一覧

無料で試し読み

全体の感想

わたし
わたし

「ざっくり起承転結」

よりもさらにネタバレ

含んでいることがあります。

「気になっているし

 もう少し知りたいけど

 これ以上のネタバレは…」

という方は

をご利用ください!

「ある程度のネタバレが

 あったほうが

 買いたくなる」

という方のため、

以下には

読んでいなくても

分かりやすいような

感想を綴っています。

最高な「雄っぱい受け」特化の1冊!
全部で3CPいて、基本的には
「綺麗な顔の細身な男×男臭いムッチリ雄っぱい」
という組み合わせなんですが、
みんな違った良さがあるんですよ……。

表題作の「昨日はおたのしみでしたね」は
35歳+ダンディ+おしゃれヒゲ+ビッチ+お茶目
という大満足コンボかましてます。

この受け・鮫島は性欲が強すぎるあまり
過去に本命の相手から「ここまでだとは…」
とドン引きされた上にフられてしまった
という過去がある人(43ページ)。

それ以来、
本気にならないように努めていたのに
奥田は鮫島を上回る
性欲の持ち主
だったことが発覚。

年齢+童貞のせいもあると思いますが
セックス研究のために
アナルセックスマニュアルを
何冊も購入して
本棚に丁寧に並べているあたり
(67ページ)
変態の素質ありまくりです。
とってもお似合いなカップル。

攻め・夏樹は素直なワンコなので
「限界?」「今日の俺よかった?」
などストレートにセックスの感想を求める子。
これに対し、
受け・鮫島があまのじゃくでプライドが高く
「まさか!」「及第点」
と返答してしまう少しこじらせた大人。
(73〜83ページ)
ずっとこのやりとりしていたら
夏樹は勉強を重ねて

どんどんレベルアップするので
えげつないセックスモンスターに
なることでしょう。

2作目は表題作の鮫島の友人の話。
セックスが下手すぎるという理由で
5回連続でフラれ、後輩に相談したら
「教えましょうか?」と一晩を共に過ごし……。
という展開です。

こちらの筋肉受けは
30代+黒髪短髪+無精髭+硬派+スーツ
これもまた良い組み合わせです。

惚れているのは顔がいい営業部の後輩。
つまり2作品連続で
年上雄っぱい×年下イケメン
なのに違う味わいで飽きずに最高
ということ!

3作品目になると
ガラッと舞台も変わり
まして
(「あとがき」によると、
  最初に描いたのは
  こちらのようです)
外国のファンタジーものに。

人間と関わったことがない、
少しおバカでとってもピュアなオオカミ人間
山奥で生物の研究をしている変人博士の話。

とってもピュアだけど
発情期で無意識に誘っちゃう、
魔性なオオカミ人間受け
です。
もちろん筋肉もモリモリ
そして体毛が狼の毛という
もふもふ設定も素晴らしかったです。

とにかく筋肉受けを
浴びるように読みてえな、
そう思っているときには
この1冊を読めば間違いなし!

取り扱い店舗一覧(特典まとめ)

わたし
わたし

せっかくなら特典つきの

ところで買いたい!

作家さんのファンなので

全部そろえたい!

という方はこちらを

ご参考ください♪

電子書籍

【Renta!(レンタ)】電子書籍限定特典 あり

【コミックシーモア】電子書籍限定特典 あり

【DLsite comipo】電子書籍限定特典 あり

【Booklive!(ブックライブ)】電子書籍限定特典 あり

【ebookjapan(イーブックジャパン)】電子書籍限定特典 あり

【honto(ホント)】電子書籍限定特典 あり

【ひかりTVブック】電子書籍限定特典 あり

紙の本

【アニメイト】数量限定特典 なし

【楽天ブックス】数量限定特典 なし

【Yahoo!ショッピング】数量限定特典 なし