僕の叔父さんは、人魚を飼っていた──『笑わない人魚』ネタバレ感想・受け攻め情報・特典まとめ

本日のオススメ
今 市子「笑わない人魚」
(マーガレットコミックス/ホーム社/2013年)

笑わない人魚

笑わない人魚

あらすじ

失踪した叔父の遺言状をきっかけに、洋介は8年前の夏の日を思い出す。あの日、叔父の家のプールで見たのは、人魚のように美しいあの人。14歳だった洋介は、人魚への想いの正体に気づかないでいた。大人になり、人魚と再会した洋介は、幼い頃の憧れが次第に恋であると自覚していき──。

【攻】面倒事に巻き込まれやすい甥
×

【受】叔父が囲っていたメガネ美人

電子書籍

紙の本

行方不明になった叔父の
後処理をすることになった

男子大学生・洋介(攻め)
遺言状に残されていた
遺産相続相手・歩(受け)
再会して…というところから
始まるストーリーです。

オススメしたい人は…

  • 「紳士+やんちゃな年下攻め」が好きな人
  • 「眼鏡美人のクーデレ年上受け」が好きな人
  • 「数年越しに実る年の差恋愛」に萌える人
  • 「しっとりとした落ち着きのある雰囲気」を求めている人

当てはまったけれど、
まだ買うか迷っている……。
そんな貴方のために、
もう少し詳しく
ご紹介していきますね!

「笑わない人魚」 あらすじ

失踪した叔父の遺言状をきっかけに、
洋介は8年前の夏の日を思い出す。
あの日、叔父の家のプールで見たのは、
人魚のように美しいあの人

14歳だった洋介は、
人魚への想いの正体に
気づかないでいた。

大人になり、人魚と再会した洋介は、
幼い頃の憧れが次第に恋であると
自覚していき──。

同時収録作

  • 青髭の友人
  • 真夏の城
  • 廻遊魚の孤独
  • 海幸山幸
  • 泳げない人魚

「笑わない人魚」 作品の雰囲気

作品の傾向

コミカル←|―|―|―|―|●|→シリアス
さわやか←|―|―|―|●|―|→じめじめ
物語重視←|―|●|―|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|●|―|―|―|→えちえち
現実主義←|―|―|●|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|―|●|―|→受の良さ

ヘヴィー度チェック

身体虐待……………………………あり
精神虐待……………………………なし
自傷行為……………………………なし
流血表現……………………………なし
内臓描写……………………………なし
近親相姦……………………………なし
モブ強姦……………………………なし
主役の死……………………………あり
(主役の死=表題作以外の短編)

エロ修正(Renta!)

見えない角度/場面転換でさらりとしたエロス

修正が薄いほうがお好みの場合は、基本的に紙の本での購入を推奨いたします。
電子書籍の中ですと、Renta!が修正薄めなことが多いです。

笑わない人魚

笑わない人魚

「笑わない人魚」 攻め×受け情報まとめ

攻め:寺島洋介(てらしま・ようすけ)

#黒髪 #長身 #細身 #スーツ #大学生(〜社会人) #営業部 #一途 #やんちゃ #紳士 #面倒見がいい #秘密主義

…一応これでも誘ってんですよ もう子供じゃないんですから

引用元:今 市子『笑わない人魚』24ページ、集英社、2013年

俺…俺ね 十四の時 夜のプールで人魚を見て なんて怖くてきれいな生き物がいるんだろうと思った その時からずっと ずっとずっと見城さんが好きです

引用元:今 市子『笑わない人魚』144ページ、集英社、2013年

受け:見城歩(けんじょう・あゆみ)

#黒髪 #中背 #細身 #傷痕 #眼鏡 #漁師 #ミステリアス #クール #一途 #健気 #寡黙

相続を放棄する事できるんですか? じゃあ放棄します 受け取る理由がないですから 僕は身内でもなんでもないですし

引用元:今 市子『笑わない人魚』17ページ、集英社、2013年

俺達は似た者同士だったのかもしれない 四角い海の中でしか自由になれない魚なんだ……

引用元:今 市子『笑わない人魚』39ページ、集英社、2013年

攻めと受けの日常会話

…うわあ

百年の恋も

さめるってやつ?

古くさい言葉

使うんだな

引用元:今 市子『笑わない人魚』34ページ、集英社、2013年

攻めと受けの甘い会話

俺達もともと

体だけの関係だろ

そのためだけに

週末ごとに二時間かけて

通って来てると

思ってんのか?

だとしたら

たいした自信だ

引用元:今 市子『笑わない人魚』46ページ、集英社、2013年

攻めと受けのH会話

絵だけで魅せるタイプのエロティシズム

攻めと受けの比較

年齢:攻め < 受け
身長:攻め > 受け
体格:攻め = 受け
立場:攻め = 受け
階級:攻め > 受け

「笑わない人魚」 無料で試し読み

「なんとなく作品のことが分かってきたけど、実際の中身が気になる…」
という方は以下の「¥0サンプル」をクリックするとすぐに試し読みが開始されます。

笑わない人魚

笑わない人魚

「¥0サンプル」をクリックで試し読みが始まります。
画像をクリックするとRenta!(レンタ)の商品紹介ページに移ります。

「笑わない人魚」 どれを買ったらいいの?

こちらの作品、調べると色々なカバーイラストが表示されます。
中身は(ほぼ)変わりませんが、時系列としてはこんな感じです。

  • 2005年
    あおば出版で刊行

    (インファナルコミックス)

  • 2007年
    あおば出版廃業
  • 2008年
    双葉社に移籍して再販

    (アクションコミックスBoys Loveシリーズ)

  • 2010年
    アクションコミックスBoys Loveシリーズのレーベル廃刊

    明確に「廃刊」という記載はありませんが、2010年以降このレーベルから新作は出ていません。

  • 2013年
    集英社(ホーム社)に移籍して再販

    (マーガレットコミックス)

「ほぼ」変わりないというのは、全て所持しているわけではないので、細かい部分まで確認できなかったからです。マーガレットコミックス版では、アクションコミックス版のカバーイラストが1ページ目にフルカラーで掲載されています。

「笑わない人魚」 売っている場所

販売ストア(電子書籍ネット通販)の情報です。紙の本はマーガレットコミックス版で統一しています。

「笑わない人魚」 続編について 

2021年7月26日現在、続編情報は出ておりません。
1巻完結の作品です。

「笑わない人魚」 3つのおすすめポイント(ネタバレ感想)

ネタバレ注意

ここより先は
今まで以上に
ネタバレを含みます。
未読の方は

ご注意くださいませ。

「ある程度のネタバレを読んでから買いたい」という方のため、
未読の方にも分かりやすいように書いています。

おすすめポイント1:散文詩的な表現

 文学的な雰囲気の漂う短編集です。行間をうまく利用した「散文詩」っぽい空気があります。小説ほどミッチリしていないけれど、ライトノベルほどポップでもない。どこか詩的で大人なんです。語られない部分も含めて魅力的な一冊。スカッとした読後というよりは、反芻したくなる内容ですね。あれはこうかなぁ、いや、こうかもしれないなぁ、と感想が波のように寄せては返します。時折現れるドラマチックなセリフも綺麗。

おすすめポイント2:いじらしいふたり

 14歳からずっと歩(受け)が好きだった洋介(攻め)。一方の歩は、庸(洋介の叔父)がストレートだと分かっていながらも片想いを続けていました。
 そんな一途で健気なふたりが恋人になったらラブラブ…かと思いきや、そううまくはいきません。口下手な歩と若い洋介は「お互い 好きとかは口が裂けても言わないし けんかしたら どっちも謝らないで何週間も会わないみたいなつき合い方で」(141ページ)、何度もすれ違っては「他の男と遊んでみせたり」(142ページ)してきました。今度こそ深刻な破局を迎えそうになったところから、再び結ばれ合うふたりにグッときます。

おすすめポイント3:短編集の構成での演出がいい! 

 本作は『笑わない人魚』『青髭の友人』『真夏の城』『廻遊魚の孤独』の順で収録されています。『笑わない人魚』のアフターストーリー、数年後のふたりを描いているのが『廻遊魚の孤独』です。そう聞くと『笑わない人魚』『廻遊魚の孤独』『青髭の友人』『真夏の城』のほうがまとまっていそうに感じるのではないでしょうか。しかし、この並びが非常に効果的で良いのです。
 『笑わない人魚』は遺産相続から始まる物語、『青髭の友人』は三人目の妻が亡くなったことで始まる物語、『真夏の城』は通夜から始まる物語と、いずれも「死」と密接な内容。どちらの作品かは言いませんが、作中で人が死ぬ場面も描かれます。そのあとで『廻遊魚の孤独』が始まるので、「もしかして見城は死んでいるのでは…」というハラハラ感と、「でも冒頭に見城っぽい人いたし…」「いや今市子先生なら幽霊という線も…」など、考えながらページをめくる楽しさが味わえます。
 ちなみに『海幸山幸』と『泳げない人魚』は、コミックエッセイ風のあとがきです。厳かなタイトルですがコミカルな話。

しっとりとした大人な雰囲気のBLが好きな人におすすめ!

コメント