上下巻完結

漫画

自分にないものを、持っている人──「被写界深度」あらすじ・キャラ紹介

何となく帰りたくない放課後、秘密の屋上で紺野と出会った。「話しかけづらい」「威圧感があって怖い」と言う人もいるけど、カメラを被写体に向ける紺野は、いつも楽しそうな顔をしていた。尊敬 羨望 嫉妬 劣等感──…欲しかったすべてを持つ紺野に、複雑な感情が募っていく……
漫画

サイボーグで性処理道具にされた少年は、幸福を見つける「錆のゆめ」あらすじ・キャラ紹介

進藤が勤める会社では、とあるモノが造られている。それは、少年の身体を改造したセックスの為のサイボーグ。名前は聡夫。試作品である聡夫の世話を任された進藤は、最初は嫌がるものの世話をしていくうちにサイボーグではなく一人の人間として可愛がるように。そして、彼を救いたいと思った進藤はある決意をする――。
漫画

ショタ攻め好きならこれを読め!「ぼくらの一線」あらすじ・キャラ紹介

酔うとキス魔になってしまう芝 咲良(しば さくら)、22歳。 泥酔した勢いで手を出してしまった相手はなんと小学6年生のアゲハ。 キスをした責任として咲良はアゲハと付き合い始める。 清い交際とはいえ、未成年と関係を持つ後ろめたさに苛まれる毎日。 だけど一所懸命に尽くしてくれるアゲハを手放すなんてもうできなくて…。 好きになってはいけない相手だったのに、加速する恋心は止められない。
漫画

最強戦闘種の傷を治せる体液「イキガミとドナー」あらすじ・キャラクターまとめ

舞台は未来世界。ある日、平凡な教師の吉野は、国を守る最強戦闘種〝イキガミ〟の鬼道のドナーだと知らされる。【ドナーの体液は、イキガミの傷を治せる唯一の薬】という衝撃の事実とともに、強制的に鬼道と同居することになった吉野。傍若無人な獣のような鬼道に乱暴に体液を要求されるが、次第にその孤独な素顔があらわとなりーーー。「いつかドナーと出会ったら、愛してくれるかもしれない。そう思って生きてきたーーー。」
漫画

父が残した男の愛人「胸にとげさすことばかり」あらすじ・キャラ紹介

運悪く派遣の契約を切られ、運悪く恋人にふられ、運悪く痴漢と間違われた日、──父親が死んだと連絡があった。葬儀のため十年ぶりに帰った故郷で、日夏 昭(かくれゲイ)を待っていたのは、堅物な教師だった父親の恋人(♂)だった!?
漫画

星をかぞえること (上)(下) | 内田カヲル

プロポーズ直前で彼女に振られた公務員の江森は、自分の不甲斐なさに打ちのめされながら映画館で涙を流していた。すると隣の席の男にハンカチ代わりのTシャツを差し出され、戸惑いつつも思わず受け取ってしまう。数日後、終電の車内で泥酔する江森に声をかけてきた駅員は偶然にも映画館で出会った青年で…!? 超ポジティブ! 本能で行動する自由な駅員×プロポーズ直前に振られたマジメ公務員、正反対の二人が織り成す大人のラブストーリー。
漫画

このタイトルで先生受け「先生、もうダメですっ」あらすじ・キャラまとめ

 BL編集部に異動になった編集者、獅子王真澄。未知のジャンルに戸惑いつつも「ちんぽが異様にうめえ…」と気になった作家に依頼メールを送る。ところが、打ち合わせに現れたミス・アッキーナ先生は秋庭悟というサラリーマンだった。せっかく男同士で作るのだからとラブホで資料撮影、キス、デート…とBL体験をしていく二人。ついにはセックスの実践まで!? 「じゃ、ほぐすところからお願いします! 」
漫画

不良DKと真面目DK「えんどうくんの実験ノート」あらすじ・キャラ紹介

 高校のクラスで席が前後になり、気づけば傍にいるようになった遠藤と津田。他人に興味なんてなかったはずなのに、互いの存在がどんどん大きくなっていく。隣にいたい。もっと触りたい。けれど、進路を決める時期になった二人は、今のままではいられないことも意識し始めて……
漫画

おいしいごはんは心を救う「ブライトライトスプラウト」あらすじ・キャラクター紹介

 イラストレーターとして、めでたく独り立ちした陽歩。念願の広〜い新居兼仕事場に引っ越した翌日、一人暮らしのお隣さん・蓮と出会う。ファミリー物件に一人で住んでる高校生!? ――なんて豪勢! でもやっぱりワケアリ? 人懐っこい蓮の持つ、いびつさと違和感がどうしても気になってしまう陽歩だったけれど…!?
漫画

本命とセフレが入れ替わったら…「カッコウの夢」あらすじ・キャラクター紹介

大学生の名塚は、高校からの親友・白島に4年間片思い中。 しかし、眩しく完璧な白島を汚せないと告白できず、破裂しそうな恋心を抑えるために、白島の代わりとしてセフレの瀬野を抱いている。 ある日、瀬野のバイクと白島が事故に遭い、白島は意識不明に。 一方、目覚めた瀬野は「俺は白島だ」と言い出した…!? 本命の魂が抱き慣れたセフレの体に入ったことで、名塚は「この身体なら白島に触れる」と思ってしまい――。