[関係]同居

マンガ

いけ好かない部活の後輩が寮で同室に!?高校生BL「残像スローモーション」ネタバレ感想・情報まとめ

男子校の寮生3年、映画部部長・菊地原 仁。眉目秀麗、成績優秀、運動神経抜群、自信家で派手好き。いつも人に囲まれている人気者だが、ひとつ歳下の部活の後輩・市川義一は異様にライバル心むき出しでつっかかってくる。そして菊地原の方もまた、市川を意識していた。ある日、そんな2人が寮の同室になってしまい…!? ぶつかりあいながらも惹かれあう、不器用で切ない青春恋愛譚。
マンガ

バツイチ店長にゃーん!猫カフェBL「恋きらり、陰するり」ネタバレ感想・情報まとめ

ネコカフェ店員の野上は、彼氏に浮気され帰るところを無くした常連客の久米を家に泊めることに…。そのうえ酔った久米に迫られ、断りきれずその場の勢いで抱いてしまう。後日、久米に告白されるがバツイチの野上には彼の気持ちを受け入れることができなかった。それでも傍にいたいと望む久米と同居生活が続くが――。
マンガ

高校生の男子寮もだキュンがかわいい「のみ×しば」ネタバレ感想・情報まとめ

全寮制の男子校に入学して早2年、恋とは無縁の野宮に異変!? 女の子顔負けの可愛さを誇る同室の御子柴を見るとドキドキするのはなぜ? 俺が好きなのは柔らかいおっぱいのはずなのに…! 理性と本能が交差する、思春期男子の青春ドタバタラブコメディ。
マンガ

10年越しの“好き”が実った元ヤン「僕のおまわりさん」1〜2巻ネタバレ感想レビュー

小さな商店を営む田島誠治は、どこまでもテキトーな性格が災いして、いまだ独身。そのお世辞にも賑わっているとは言えない店によく訪れる長身の警官は、仲本晋。誠治と晋が知り合ったのは、10年以上も前のこと。何年も連絡すらとっていなかった2人は、晋が店近くの交番勤務になったことで再会する。以来、昔と変わらない付き合いが続いていたのだが……「男に乗り換えよっかなァ」誠治が何気なく発した言葉が、晋の積年の想いに火をつけて……!?
マンガ

ウリ専の少年と猫、拾いました「捨て猫の飼い方 ~けもの荘へようこそ~」ネタバレ感想レビュー

ボロボロな俺を拾った男・恵介が連れてきたのはワケありペットと同居が入居条件の不思議なアパートだった。お礼に俺ができるのは身体を差し出す事だけなのに恵介にはキッパリ拒否られて反対に怒られるし、まるで犬猫みたいな扱いにムキになって誘っても全然なびいてくれない! …こんなに優しくされても、俺、どうしていいかわからないのに――!!
マンガ

俺の家に住んで猫の面倒みてくれ「同級生棲活」ネタバレ感想レビュー

中学時代の同級生の水野と三田園は、頭のデキも性格も正反対の二人。 ある日、三田園から拾った子猫の世話をして欲しいと頼まれた水野は一時的に彼の家に住むことになるが……!?
マンガ

ツンデレとハリネズミは似たもの同士「てなずけられたいハリネズミ」ネタバレ感想レビュー

ペットショップ店長の野木は高校の同級生・澤田と偶然再会し、家ナシの澤田を居候させることに。臆病な澤田に警戒され野木は落ちこむが、ペットのハリネズミのおかげでうちとける。やがて、添い寝までする仲に…!?
映画

「好き」だけではどうしようもない──「his」ネタバレ感想・情報まとめ

あらすじ:迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、かつての恋人・渚が6歳の娘・空を連れて突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。
マンガ

幽霊より強いのはクズ!?『柳下荘の地縛霊~退去(で)るか射●(で)るかのサバイバルライフ~』あらすじ・登場人物まとめ

「めちゃくちゃ突きまくってやるから…」そう言ってクズ大学生は、俺の奥を何度も何度も突き上げる…そう、死んでいる俺の奥を。瀬屑好人、29歳。目が覚めたら自室で幽霊になっていた。しかも部屋からは出られない地縛霊だ。入居者は追い出し自分の居場所を守ってきたが、とうとう出ていかない相手が現れた!21歳の大学生・伊藤拓海だ。幽霊である瀬屑に触れられるばかりか、「セックスして先にイった方の負け。俺が先にイッたら出てってあげっから」と賭けを持ちかけてくる。どうしても出ていかせたい瀬屑は賭けに乗るが…!?
マンガ

暴いて、愛して | 凡乃ヌイス

ウリ専のソウは、変な常連に付きまとわれていた。 家バレの危機を感じ、信頼できる客の小説家先生にしばらく匿ってほしいと頼むも、「海外に行くから」とあっさりと断られてしまう。 「その代わりに」と紹介され向かったのは見知らぬ豪邸。 半信半疑で訪ねると、そこに居たのは男前だがダサい半纏姿の男・津雲(つくも)だった。『家にいる間はウリをしない』ことを条件に一緒に住むことになる2人。 でも、この津雲という男がなんとも嫌味な奴で━━。