ガス・ヴァン・サント「マイ・プライベート・アイダホ」ネタバレ考察・情報まとめ

わたし
わたし

こんばんは、

佐原さわらカジカです。

1991年の名作ロードムービー
「マイ・プライベート・アイダホ」。

『グッド・ウィル・ハンティング』の
ガス・ヴァン・サント監督がメガホンを取り、
リヴァー・フェニックス
キアヌ・リーヴス
瑞々しくも艶めかしい姿を
シュールなユーモアたっぷりに映した1本。

美しい風景を眺めるもよし、
エディプスコンプレックスなど
難解なテーマを考察してもよし、
ガス・ヴァン・サント監督ならではの
撮り方に注目してもよし、
そんな風に色々な見方ができるのも魅力。

わたし
わたし

ということで早速、
作品紹介をしていきます!

スポンサーリンク

「マイ・プライベート・アイダホ」 作品紹介

作品名

マイ・プライベート・アイダホ

監督/脚本

ガス・ヴァン・サント
(『グッド・ウィル・ハンティング』『ミルク』)

主演

リヴァー・フェニックス
キアヌ・リーヴス

配給

日本ヘラルド

あらすじ

ストリート・キッドのマイクは、
男娼として街角に立ち
少年を好む中年男性を相手に
体を売って日銭を稼ぐ
日々を送っている。

ある夜、
マイクは記憶の中の母親に
似ている女性客を前に
持病の睡眠発作を起こしてしまう。

眠り続ける彼を助けたのは
男娼仲間のスコットだった。

彼は市長の息子であり
何不自由なく育ちながらも、
見せかけだけの家庭に嫌気がさし、
家を飛び出していた。

ある日、マイクは
行方不明の母親を探す決心をし、
スコットと共に、
兄リチャードが暮らす
故郷のアイダホへバイクで向かう。

マイクが旅の途中で告げた
スコットへの想い、
兄リチャードの衝撃的な告白。

やがてマイクとスコットの道は
二つに別れていく…。

愛と友情、
それぞれのアイデンティティーを求めて
旅したボートランド、アイダホ、ローマ、
彼らが旅の果てに見たものは──。

「マイ・プライベート・アイダホ」 作品の雰囲気

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
演技重視←|―|―|―|●|―|→見目重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→画図重視
けんぜん←|―|―|―|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

「マイ・プライベート・アイダホ」 登場人物

スコット

#茶髪 #長身 #細身 #21歳 #市長父 #エリート #したたか #父嫌い

「親父は金の上にあぐらをかいてる最低の野郎さ」
「眠ってるお前の体を売ったとでも?友達のお前を?」
「皆の前で真相を暴かれて恥ずかしくないのか」

出典:ガス・ヴァン・サント『マイ・プライベート・アイダホ』(日本ヘラルド、1991年)

マイク

#金髪 #中背 #細身 #ナルコレプシー #ストリートキッド #トラウマ母 #男娼 #やんちゃ #単純

「あんたの言い訳を聞きたいね」
「おれだって 普通の家庭で育っていたら きっと まともな若者になってた」
「おれは金をもらわなくても愛することができる──お前が好きだ」

出典:ガス・ヴァン・サント『マイ・プライベート・アイダホ』(日本ヘラルド、1991年)

「マイ・プライベート・アイダホ」 キャラクター対比

年齢:スコット > マイク
身長:スコット > マイク
体格:スコット = マイク
階級:スコット > マイク
立場:スコット = マイク

「マイ・プライベート・アイダホ」 ざっくり起承転結

ストリートキッドのマイクは、
路上に立ち、
男娼として生活をしている。

彼は「ナルコレプシー」を抱えていた。

ストレスを覚えると、
強い眠気に襲われ、
倒れるようにして眠ってしまう病だ。
これが原因で、
路上に寝てしまうこともあれば、
客の前で倒れることもある。

スコットは、
そんなマイクを
優しく介抱してくれる
男娼仲間だった。

マイクと同じように
売春する者もいれば、
盗む者、強奪する者も
暮らすスラム街。

スコットは、
そんな場所へと
日々訪れていながらも、
市長の息子という
エリートの血筋だった。

しかし、
血の繋がった父を嫌い、
自分をスラム街へと
招き入れてくれた
初老の男・ボブを
慕っている。

一方で、
スコットは21歳を迎えたら
スラム街の人々とは
縁を切るつもりでいた。

ある日、
マイクは自分を捨てた母親を
探しに行く旅に出ることにした。

スコットと共にバイクへ跨がり、
まずは兄である
リチャード(愛称:ディック)の元へ。

旅の道中、
マイクはスコットに
惹かれていることを告白するが、
友達であり続けることに……。

その後、無事に兄の家を訪れた2人。
母親はイタリアにいる
という情報と共に、
もう一つ重大な事実を知る。

兄だと言っていたリチャードは、
マイクの父だったのだ。

それでも、
マイクは母親を探す旅を続けた。

やがて、スコットと2人で
イタリアへ到着。
母親の情報を求めて訪れた先で、
スコットはイタリア美女と
恋に落ちる。

そのまま婚約し、
母を探すマイクを残して
アメリカへと帰って行った。

結局、母親は見つからず、
アメリカへ帰ってきたマイク。

相変わらず男娼として
過ごす彼とは対照的に、
スコットは父親の後継者として
立派に生活していた。

そんな姿に近寄ろうとする
ボブだったが、
冷たい目で見放されてしまう。

スコットの選んだ道とは──

「マイ・プライベート・アイダホ」 ネタバレ考察

マイクとスラム街を捨てた
スコットはクソ
、という
レビューを見かけるのですが
はたして本当にそうだろうか?
と思う部分があります。

以下は、それはなぜか、
という考察と解説です。

ここから先はネタバレ

未視聴の方はご注意ください。
色々な考察ができるのも作品の魅力なので、
先入観なしで観ることを推奨します。

スラム街にいた頃のスコットの言葉

みんなは俺が親父を超えることを期待している 
親父以上の金と権力を持つことを 最低さ

ガス・ヴァン・サント「マイ・プライベート・アイダホ」より

両親はおれの変身に腰を抜かす 真面目な息子より 
グレた息子が戻る方が親は喜ぶのさ
誰もそれを予期してない時に変身して アッと言わせてやる
親父の首をはねるのは  あんたの役目だ ボブ

ガス・ヴァン・サント「マイ・プライベート・アイダホ」より

エリート化したスコットの言動

  1. 政治家から「いずれは政界へ?」と聞かれ、あやふやに目線をそらす
  2. ボブに対し「以前の僕に戻る日まで近づくな」と言う。

疑問点

エリート化したスコットの言動に、
やや疑問点が残ります。

完全に縁を切ってエリート街道を進むつもりなら、

  1. 「いずれは政界へ?」に対し「まだ分かりませんが、そうなることを願います」などの回答
  2. 「以前の僕に戻る日まで近づくな」ではなく「二度と近づくな」

上記のような言動をするのではないか、
と感じるわけです。
とくに2つめの
「以前の僕に戻る日まで」は意味深ですよね。

また、スコットの父の亡骸を前に、
神父が「この世の富を追うなかれ」
聖書の引用をしています。

葬式時に故人が好んでいた
聖書の一部を引用するのは
一般的ではありますが、
かなり皮肉じみている箇所です。

加えて、マイクの最後のセリフ
この道は──どこまでも続く 
 たぶん世界をぐるっと回っているのだ」。
これは彼だけに
当てはまるものではないということは、
作品を通じて伝わってきます。
(エディプスコンプレックスの要素や
 因果応報が強いストーリー)

4つのキーワード

  1. 「誰もそれを予期してない時に変身してアッと言わせる」
  2. 「以前の僕に戻る日まで」
  3. 「この世の富を追うなかれ」
  4. 「世界をぐるっと回る」

これら4つの言葉から、
スコットはこの後
スラム街へ戻るつもりではないか

と考えました。

なぜスラム街へ戻るかと言うと、
やはり父への復讐だと考えられます。

グレた息子が戻って来た上に
イタリア語・英語両方とも話せる
賢い異国の美女をフィアンセに連れてきた。
これにより、
盛大な「変身」に喜んだ親に対し、
再び「変身」する(=ボブの元へ戻る)ことで
最大限の復讐をする(=首をはねる)

つもりだったのではないでしょうか。

最後の「車の男」

上記の考えから、車の男は、
戻ってきたスコットなのでは?
と思っていました。

ただ、実は、
カットされたシーンに
ディックが写って
います。

カットされる前のエンディングは、
運転するディックが映り、
スマイルマークの雲で終了。
カットされた後のエンディングは、
「家」が一瞬チラッと写り、
スマイルマークの雲で終了。

ディックであると
明白にしなかったことで
色々な憶測ができる
良いラストシーン
だと感じます。

  • スコット説:スコットの帰還と「変身」を匂わせる
  • ディック説:それぞれの「家」に戻ることを意味する
  • 赤の他人説:「助けられた人」に再び惚れ「世界をぐるっと回」る

他にも色々な見方ができる作品です!
ぜひ一度ご覧ください。

予告映像と本編の視聴はこちら

VOD

DVD

Blu-ray