池森あゆ「柴くんとシェパードさん」1〜2巻ネタバレ感想・情報まとめ!

わたし
わたし

こんばんは

佐原さわらカジカです!

体格差のあるカップルって
萌えますよね……。

本日は、凸凹なふたりと
シェパードがかわいい
「柴くんとシェパードさん」
(著:池森あゆ)の1〜2巻を
紹介しますよ〜!

まずは作品の紹介から!

スポンサーリンク

「柴くんとシェパードさん」 作品紹介

攻「何かして欲しいことあったら言えよ」
受「…じゃあ が がんばったから
  …なでて下さい…」

作品名

柴くんとシェパードさん 

作者名

池森あゆ

レーベル

arca comics 

あらすじ

犬大好きな柴本佑人の最近の楽しみは、
バイト先のコンビニに毎朝やってくる
大きなシェパードを眺めること。

けれどひょんなことから
そのシェパードの飼い主である
犬養と急接近! 

無愛想な犬養がふと見せる
優しい笑顔に胸が高鳴るのは、
スポーツマンらしい
男っぽい大きな体を
意識してしまうのは、
なんで…? 

シェパード系イケメン男子と
柴犬系キュート男子、
体格差大☆

ワンコ×ワンコなふたりの恋の行方は?!

「柴くんとシェパードさん」 作品の雰囲気

コミカル←|―|●|―|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|●|―|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

「柴くんとシェパードさん」を電子書籍で買う


「柴くんとシェパードさん」を紙の本で買う

「柴くんとシェパードさん」 攻めキャラ情報

犬養 旺毅
#黒髪 #長身 #細身 #21歳 #大学生 #陸上部 #犬飼い #シェパード #クール #無愛想 #不器用 #兄貴肌

「ガキみたく泣きやがって マジ ちっこい犬」(1巻46ページ)
「ゆっくりでいいだろ 始めたばっかなんだ」(1巻115ページ)
「今日みたいに距離とられると 地味に傷付く」(1巻150ページ)
「無理して欲しい訳じゃない 俺にだけ都合がいい恋人なんて変だろ」(2巻37ページ)
「いくらチェックしてももう出発してんだから 忘れ物あれば現地で買えばいいし」(2巻87ページ)
「もう待てはナシだ」(2巻145ページ)

出典:池森あゆ『柴くんとシェパードさん』(Jパブリッシング、2016-2018年)

「柴くんとシェパードさん」 受けキャラ情報

柴本 佑人
#茶髪 #小柄 #華奢 #18歳 #大学生 #コンビニ #犬好き #次男 #兄 #姉 #わんこ #素直 #純粋 #明るい

「…おれ 勘違いする こんな風に 触られたら 勘違いしそうになる…」(1巻75ページ)
「いきなりえっちなのはいけないと思いますっ」(1巻121ページ)
「…先輩のばか ばか むっつり イケメン リア充」(1巻162ページ)
「だからおれ がんばらなきゃって せんぱいに きらわれるの やだ」(2巻35ページ)
「いま ちくび さわった!! やーっ変なとこさわんないで下さいっ」(2巻105ページ)
「えっちした後ってこんなに恥ずかしいんだ…っ」(2巻157ページ)

出典:池森あゆ『柴くんとシェパードさん』(Jパブリッシング、2016-2018年)

「柴くんとシェパードさん」 攻めと受けの比較

年齢:攻 > 受
身長:攻 > 受
体格:攻 > 受
階級:攻 = 受
立場:攻 ≧ 受

「柴くんとシェパードさん」 起承転結ネタバレ

登場する動物:シェパード(犬)の「コタロー」

ここから先はネタバレにご注意ください

起(1巻)

コンビニでアルバイトをしている
柴本(受)は、
常連客がいつも連れてくる
大型犬のシェパードが
気になっている。

店の外でリードにつながれ、
利口に待っている愛らしい姿を、
いつか撫でてみたいと
思っていた。

ある日、大学で、
偶然にもシェパードの飼い主と出会う。
実は同じ大学に通う先輩だった。

互いに自己紹介。
犬養(攻)は陸上部で、
トレーニングの途中に
コンビニへ立ち寄っていたと言う。

意気投合した2人は、
シェパードの「コタロー」を
連れて、色々な場所へ
遊びに出かける。

承(1巻)

ふとした瞬間に
触れ合うたび、
互いを意識し合う二人。

犬養から
「オレは付き合いたい」
と告白された柴本は、
「よろしくお願いします」
と答え、恋人同士に。

はじめてのことばかりで
戸惑う柴本は、
空回りしてしまう。

その行動を見た犬養は、
無理に付き合わせたの
ではないかと考え、
別れ話を始める。

ちゃんと好きだからこそ
緊張して戸惑っていることを
伝えた柴本へ犬養が
手を伸ばし、
行為へ及ぼうと
していたそのとき、
柴本の兄が登場。

弟を溺愛している彼は、
犬養を引き離そうとする。

転(2巻)

犬養の真摯な気持ちと
幸せそうな弟を見て、
関係を認めることにした兄。

また、犬養の母も
男と付き合っている
息子に対し、
「あなたたち“2人”のことよ」
と理解を示してくれる。

周りの優しさに助けられながら、
2人は恋人らしくなっていった。

ところが、がっつく犬養に対し、
まだ心の準備ができていない柴本は、
一つになったことがない。

触り合うだけで
何度も「その先」を拒絶していた
柴本は、愛想を尽かされるのでは
ないかと心配し始める。

思い切って犬養を
受け入れようとするが、
身体は震えていた。

結(2巻)

無理矢理するつもりもなければ、
そんなことで嫌いにならないと
説明する犬養に安堵しつつ、
関係を進展させたい気持ちもある柴本。

バイトや部活の休みを合わせ、
コタローも泊まれる温泉旅館へ
宿泊することになった。

個室風呂で
「夜がんばるから」
と約束した柴本は──

続きは本編で♡
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

「柴くんとシェパードさん」 試し読み・ご購入はこちらから

「柴くんとシェパードさん」 感想

かわいくって、じらされる
少女漫画的なBLでした!
テーマ的には
「はじめてのえっち」
がメインです。

2人の出会いから
描かれているのですが、
2話目にして告白、
3話目からはすでに
交際してからの
不安や悩みに関するストーリー。

付き合うまでの
「もだきゅん」よりは
初エッチまでの
「もだきゅん」が多めです。

また、いい感じに
コタローが空気を読まなくて
かわいい&癒されます。
密着している2人の間に
ヌッと顔を割り込ませて
「遊ぶ?遊ぶ?」
と嬉しそうな顔。
これは仕方ないね…
中断するしかないね…
とニコニコします。

かといってエロが
少ないわけでは
ありません。

挿入までの道のりが
長いだけで、
1巻すでに触り合いしてます。
指が尻に伸びると
「それはダメ!」
「もう少し時間を」
と引き伸ばしていたのが、
ようやく実るのが2巻。

ずっと「待て」の状態で
お預けを食らいながらも
紳士であり続けた犬養イイ男。
直前で「やっぱダメ」となる
柴本に対し、雄感全開で
「もう待てはナシだ」
って強引に行く表情も格好いい!

TL漫画が好きだけど
BLはまだ…という方に
ぜひともオススメです!