癒し系4コマ動物園BL漫画「飼育員の先輩を観察してみました。」ネタバレ感想レビュー

攻「好きです 好きです
    ちゃんと好きです」
受「…………た たぶん俺も」

作品名
 
飼育員の先輩を観察してみました。
作者名
 春野アヒル
レーベル
 あすかコミックスCL-DX
あらすじ
 司波は悩んでいた――。みんなから頼られるのは嫌いじゃない、獣医師になるためには動物実験が必要なことも分かっている、でも…。そんな時、人間には無愛想なのに、動物には笑顔を振りまく飼育員・小倉と出会う。もっと小倉のことが知りたいと思った司波は…!?自称・オオカミ後輩×動物好きすぎ☆残念な先輩の4コマ+ショートマンガで贈る、ゆるキュン・ラブ!

スポンサーリンク

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|―|●|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|●|―|―|―|―|→えちえち
さわやか←|―|●|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

司波 
 #茶髪 #長身 #細身 #24歳 #大学院生 #獣医学部 #動物園アルバイト #長男 #姉 #わんこ #優しい #執着

「もう何もしないから その……口きいてもらえませんか」(54ページ)
「龍さん そんなだから諦めきれないんですよ」(78ページ)
「可愛くてつい」(124ページ)
「え? 全人類の中で俺が一番好きって意味ですか?」(131ページ)
「あけてくれないと 大声で龍さんへの愛を叫びますよ」(150ページ)
「龍さんが変な思い込みで避けても 職場からは離れられないでしょ」(160ページ)

出典:春野アヒル『飼育員の先輩を観察してみました。』(KADOKAWA、2020年)

受け情報

小倉 龍太郎
 #黒髪 #中背 #細身 #29歳 #飼育員 #無愛想 #無神経 #不器用 #クール #面倒見がいい #美脚 #

「必ず見落とさずしっかりやって当たり前だ ぞんざいにするな 命 預かってるんだぞ」(28ページ)
「じゃあお前も要な 俺だけ名前呼び不公平だ 嫌か?」(35ページ)
「お前の腕はアテにしてない」(89ページ)
「要がいる こんな毎日の作業が 俺はけっこう気に入ってんだよ」(110ページ)
「嫌いじゃない 好感はもってる けどお前ほどじゃない」(132ページ)
「どうせ別れ話だろ 言わなくてもいいから放っておいてくれ」(150ページ)

出典:春野アヒル『飼育員の先輩を観察してみました。』(KADOKAWA、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻<受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻=受
立場:攻<受

起承転結ネタバレ

登場する動物
 フンボルトペンギンたち(菊子、薔薇夫、サブ、サムソン)
 アデリーペンギン(みつよ)
 やぎ(サツキ、モーリス、イニスジャック

 ぞう(ナツキ)
 らくだ(ハナエ)

 こうもり
 きりん

 ハイイロオオカミ(カオリ)
 ペリカン(ニーナ)
 カピバラ(キン)

獣医学部の院生・司波(攻)は、
解剖実験に頭を悩ませ、
不眠が続いていた。

癒しを求めて訪れた動物園で、
ペンギンの飼育員・小倉(受)に
一目惚れした司波は、
アルバイトに応募する。

司波の教育担当となった
小倉だが、自分よりも早く
ペンギンたちに懐かれる司波に
嫉妬しつつ関心。

日々の業務を共にこなしていくことで
徐々に距離を縮めてゆく二人。

ふとしたキッカケで、
小倉への感情が
人間としての好き、
ではなく、
恋愛感情としての好き、
だということに気づいた司波。

意を決して告白するが、
仕事中だったこともあり、
勘違いしてしまった小倉は
無自覚に煽ってしまう。

司波がキスをして
改めて告白すると、
顔を真っ赤にした小倉は
ようやく本意に気づく。

恥ずかしさのせいで、
司波を避け始める小倉。

せめて前のように
話してほしいと思う司波は、
仕事を続けながら、
あらためて少しずつ
歩み寄ってゆく。

面倒見のいい小倉は
無碍にできず、
さらに関係を深めてゆく。

一方、司波は
動物園への就職を
本格的に考えていた。
そのために必要な
勉強をするべく、
アルバイトを
一度辞めることを決意。

そのことを
真剣に伝えたいが、
小倉が避け続け、
送別会の日が迫る。

小倉にきちんと
伝えようとする司波。

かたくなに話を聞こうとしない
理由を問うと、
「別れ話をされると思った」
とまさかの回答。
小倉がこれまで付き合ってきた人物が
別れ話をするときと
雰囲気が似ていたのだ。

これまでは司波が
一方的に愛を伝えていた上、
付き合っているのか
いないのか、
はぐらかした状態だったが、
「別れたくない」という
思いに気づいて──

続きは本編で!
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

試し読み・ご購入はこちらから

電子書籍で読む







紙の本で読む


500字感想

BLマンガ初心者さんに
オススメできる
要素が3つ
揃ってます!

  • サクッと読める
  • かわいくって癒される
  • エロは一切ない

1話の構成が
ショートストーリー数ページ
4コマ漫画数ページ
となっていて、
普段あまり漫画を読まない方も
読みやすくなっていました。

動物の雑学が随所に
入っていて、
動物好きとしては
そこも読んでいて楽しかったです。

動物たちの名前も
BLにちなんでいて
ニヤリとします。

ペンギンたちの名前は
BLを連想させる植物。
菊子:菊門
薔薇夫:薔薇族

ヤギたちの名前は
BL映画の登場人物。
モーリス:映画『モーリス』より
ジャック:映画『ブロークバック・マウンテン』より
イニス:映画『ブロークバック・マウンテン』より

こういった小ネタ探しも
本作の醍醐味です。

登場人物も全員いい人で、
ふんわり、やさしい世界。
「うふふ」とニコニコ読める
作品をお探しの方にオススメ。
まずは試し読みからどうぞ〜!!

この作品もおすすめ

ポイント1:人たらし+執着天使+大型わんこ攻め
ポイント2:黒髪+不器用+仕事一筋受け
ポイント3:後輩攻め×先輩