伯父が愛したのは、アーミッシュの青年だった──「親愛なるジーンへ」1巻あらすじ・キャラクター紹介

作品名
 親愛なるジーンへ
 (現在1巻/連載中)
作者名
 吾妻香夜
レーベル
 ショコラコミックス

電子書籍






紙の本


スポンサーリンク

あらすじ

NYに住む伯父・トレヴァーの書斎で
一冊の手記を見つけたジーン。

そこには、
自分ではない“ジーン”について
綴られていた。

――1973年。

弁護士のトレヴァーは
重要な書類を紛失する。
雪が降りしきる中、
それを届けてくれたのは
清掃員していたジーンだった。
ボイラー室で暮らしているという、
見るからにみすぼらしい彼を放っておけず、
トレヴァーはお礼も兼ねて
ハウスキーパーをしないかと持ちかける。

まるで中世からやってきたような
世慣れなさに反し、
教養を感じさせる
美しい元アーミッシュの青年ジーンとの同居生活は、
ゲイであるトレヴァーに
羨望と穏やかな幸せをもたらすが――。

傾向チャート

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→作画重視
さわやか←|―|―|●|―|―|→えちえち
特殊設定←|―|―|●|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

攻め情報

トレヴァー・エドワーズ
 #金髪 #高身長 #細身 #メガネ #スーツ #34歳 #弁護士 #長男 #養子 #生真面目 #皮肉屋 #むっつり #ゲイ

「…そりゃあ私なんかの話よりカーペンターズの方がいいに決まってる」(1巻58ページ)
「あいにく屁理屈こねるのが仕事でね」(1巻92ページ)
「昨日はすまなかった。どうかこれからも共にいて。そしてまた、トレヴァーと呼んで。」(1巻104ページ)
「ワ…ワインを水みたいに飲むきみの前で下戸だなんて言えるものか…」(1巻164ページ)
「──まったく仕方がないな」(1巻222ページ)

出典:吾妻香夜『親愛なるジーンへ』(心交社、2020年)

受け情報

ジーン・ウォーカー
 #赤毛 #中背 #細身 #19歳 #ハウスキーパー #長男 #弟 #アーミッシュ #気遣い #素直 #初心

「…もしそうなっても それが僕の選んだ運命だった…それだけのことです」(1巻30ページ)
「NYで雨が降る時はいつもするんです この湿ったほこりみたいな匂い」(1巻68ページ)
「トレヴァー! トレヴァーっ!! ちゃんと居てくれてる!? ねええぇえってばあああぁああ」(1巻110ページ)
「ほんっとにトレヴァーって見たまんまのむっつりだなあ!!」(1巻188ページ)
「あなたは何も持たなかった僕を救い上げてくれたひと 今この手にある全てを与えてくれたひと」(1巻194ページ)

出典:吾妻香夜『親愛なるジーンへ』(心交社、2020年)

攻めと受けの対比

年齢:攻>受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻>受
立場:攻>受

受賞歴

このBLがやばい!

「このBLがやばい! 2021年度版」第7位

BLアワード

「BLアワード2021 BESTコミック部門」第3位