【BLマンガ感想】さきしたせんむ『かわいいけどかわいくない』レビュー

この記事は…
  • 雑誌「from RED vol.11」に掲載されている「かわいいけどかわいくない」第1話の感想をまとめたものです。
  • この話は、『かわいいけどかわいくない』単行本(コミックス版)第1巻に収録される予定です。
  • 文字のみの情報となっておりますが、ネタバレにご注意ください。
掲載誌はコレ!

雑誌名from RED
巻・号vol.11
出版社シュークリーム

「かわいいけどかわいくない」第1話のネタバレあらすじ

登場人物

攻め:ひいらぎ 伊吹いぶき(29歳の社長秘書。189cm+ホクロ+ピアス。穂積の学生時代からの後輩)
受け:穂積ほづみ 恵一けいいち(30歳の若手社長。父親が社長のエリート育ち。極度の寂しがりや)

大学の卒業式。
穂積は起業し、社長になる進路を選んでいた。
桜の花びらが舞う中、後輩の柊に別れを告げる。
立ち去ろうとする手をつかみ、柊は想いを口にした。

あんたとずっと一緒にいたい
それに対し、穂積は笑顔で「無理!」と答えた。

──それから八年後。

柊は穂積の秘書として働いていた。
朝から自宅へ向かい、ベッドでまどろむ穂積と女を叩き起こす。
バーで口説いては自宅へ連れ込むのが穂積の日常。
誰かの体温がないと眠れないからだ。

会社では仕事のできる部下想いな社長の穂積だが、私生活はただれている。
夜になり、向かったのはハプニングバー
気まぐれで選んだ店で柊を待っていると、青筋を立ててやって来た。

むりやり店から連れ出され、自宅へと投げ込まれる。
穂積はデリバリーヘルスに電話をかけようとするが阻まれた。
それなら今日の添い寝相手になってほしいと頼むが断られる。

穂積
穂積

俺が
最優先だろ
伊吹ぃ

柊

 ……そうだな

柊に抱きつき、ベッドへともつれこむ穂積。
胸板に顔をうずめていたが、ふと顔を上げると偶然キスをしてしまう。
気にしないどころか「お前が女の子だったら喜んで奥さんにしてたよ」と甘い笑顔で伝えられる。

しかしその言葉は、柊の怒りの火種となる。

2回目だ 2回目だぞ穂積さん」

柊は強調するが、穂積には何のことか分からない。
困惑しているうちに押し倒され──!?

続きは 本編 をご覧ください!

ストーリーのここがポイント!

  • 誰かの体温がないと眠れない穂積(受け)
  • 何かの「2回目」が柊(攻め)の襲いスイッチをオン
  • セックスしたことで振り切れた柊(攻め)の猛アタック開始
  • 柊(攻め)は穂積(受け)を一途に想いながら「恨み」も持っている

これは絵で見たほうがいいオススメポイント

  • 穂積(受け)を襲う直前の柊(攻め)の表情
  • 14ページに渡る濃密なエッチシーン
  • 身体に正直な穂積(受け)と控えめな喘ぎ声の組み合わせ

【単話配信版】さきしたせんむ「かわいいけどかわいくない」


「かわいいけどかわいくない」第1話の感想レビュー

 なんちゅうエロさだ……! さきしたせんむ先生の描くエロシーンはハズレがないですね。第1話から45ページ中14ページに渡る濃度。長いのに無駄がない。おいしさ100%です。
 普段は無骨ながらも献身的な年下攻めが、強引でサディスティックに責めるのも良き。気持ちいいこと好きな受けが、素直に「きもちい」と言いつつ喘ぎ声は控えめなのもいい。
 ふたりの関係性も最高ですね。柊は8年間想い続けているのに、ノンケの穂積は全く気づいていません。鈍感すぎて、知らないうちに柊の逆鱗に触れてしまいます。これから明かされる「2回目」とは何のことだったのか、どんな「恨み」なのか、続きが気になります。

さきしたせんむ「かわいいけどかわいくない」
単話配信版で第1話を読む


今月のイチオシBL漫画

児島かつら
『とめどなく、シュガー』

就活の内定報告になじみの店へ顔を出した帰り道男同士の痴話喧嘩に遭遇した敬太。
スルーしようと思いつつも助けに入ると、絡まれていたのは苦手な大学の同級生・理一だった。
強気な言葉に反し震える様子に自宅に連れ帰ることに。

お互いの悩みや失恋話、ゲイであることをぶちまけ合う中’励まし合い’としてセックスをする敬太と理一。
帰り際、次に会うのは卒業式かと話すついでのように理一から好きだったことを伝えられる。

理一のことが頭から離れないまま、大学最後の日を迎え、敬太から逃げるように立ち去ろうとする理一を捕まえるが告げられたのは改めての告白と決別の言葉で――?