血の繋がらない、兄と弟──阿部はちた「かじつ」ネタバレ感想・情報まとめ

義兄弟ものは好きだけど
ドロドロしたのは苦手

ノスタルジックなBLが
読みたい

そんなあなたにオススメなBL漫画
阿部はちた先生の「かじつ」
ご紹介します。

スポンサーリンク

『かじつ』 作品の概要(作者・レーベル・あらすじ)

作品名

かじつ

作者名

阿部はちた

レーベル

君恋コミックスDIGITAL

出版社

集英社

あらすじ

恭一と松真は、
親同士の再婚で
過去6年間、
義理の兄弟だった。

その後両親は離婚。

実母のもとで暮らす恭一は、
夏休みに1年ぶりに
松真の家を訪れる。

松真への
許されない想いを秘めて――。

阿部はちた「かじつ」を読む
(電子書籍限定販売)

かじつ

かじつ

配信先の電子書籍ストア一覧


『かじつ』 作品の雰囲気(7項目レビュー)

コミカル←|―|―|―|●|―|→シリアス  
物語重視←|―|●|―|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|●|―|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|●|―|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|●|―|―|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|●|―|―|→受の良さ

わたし
わたし

シリアスですが、

ドロドロ系では

ないですよ〜!

しっとり、じんわり

染み入る物語です。

日本の夏のような作品。

じっとりした蒸し暑さの中、

青空の下に入道雲と麦茶、

そんなノスタルジー

義兄弟ものが苦手な

方でも読んでほしい!

『かじつ』 登場人物(キャラクター紹介)

攻め:松真(しょうま)

#茶髪 #中背 #細身 #高校生 #兄 #慎重派 #束縛 #嫉妬 #無愛想 #衝動的

「お前がいなくて寂しかった とか言いたくないワケ」(19ページ)
「俺はお前とは兄弟でいたいの」(54ページ)
「……こんなに自分のことがわからないの 初めてだな…」(83ページ)
「俺より花城の方がいいわけ」(88ページ)
「お…俺がお前に 会いたいから…」(108ページ)
「あのキスは 先輩を想ってじゃなくて お前を傷つけたくてしたんだ」(131ページ)
「俺 今日わかったことあって…お前のデコの傷 俺も好き」(164ページ)

出典:阿部はちた『かじつ』(集英社、2020年)

受け:恭一(きょういち)

#黒髪 #中背 #細身 #傷跡 #高校生 #弟 #元サッカー部 #素直 #ワンコ #健気 #マイペース

「1年ぶりに会ったのに「よく来たね〜」ギュッ♡てされてない」(17ページ)
「俺は もう気持ち隠さないよ 俺 あきらめないから」(32ページ)
「でも悔しいじゃん 俺だってしょーまが好きなのに 俺のことも見てよ!」(53ページ)
「俺 一生ひとりなのかも…」(77ページ)
「……俺 待った…! すげぇ待った!ぎゅってして…!!」(132ページ)
「絶対しょーまとラブラブする」(167ページ)
「それとも「弟にハメてるオレ」の方がコーフンする?」(182ページ)

出典:阿部はちた『かじつ』(集英社、2020年)

『かじつ』 攻めと受けの比較(年齢・身長・体格ほか)

年齢:攻 ≧ 受
身長:攻 < 受
体格:攻 = 受
階級:攻 = 受
立場:攻 = 受

『かじつ』 ざっくり起承転結(ネタバレあらすじ)

かなりざっくりですが、
ネタバレに

ご注意ください!

夏休み。
恭一(受)が松真(攻)の元へ訪れる。
二人はかつて、血の繋がらない兄弟だった。

恭一は松真に告白する。
しかし、兄弟のままでいたいと断られる。

自らの気持ちに正直になった松真が告白。
交際し始めるも、恭一は東京へ行くことに。

結 末 は 本 編 で ♡
(エンディングの種類:ハッピーエンド)

阿部はちた「かじつ」
(電子書籍限定販売)

かじつ

かじつ


『かじつ』 ネタバレ感想・おすすめポイント

タイトルがひらがなで、
複数の意味を持っている
のが
読み終えたあとの余韻を
残してくれる良作でした。

物語の舞台が夏休みの期間で「夏日」
作中に登場するパパイヤの「果実」
6年間、義兄弟の関係だった「過日」
ハッピーエンドを迎えた「佳日」
読み手によって
上4つの比重が変わるのが面白いです。

キャラクターたちも、
10代〜!な青くさい行動
とても良かったです。
生々しい子供っぽさが魅力的

その中でめちゃくちゃ大人な花城!!
いい男なんですよ。
当て馬なんだけど
幸せになってほしいな……
って思わせる最高のフォローを
してくれましたね。

絵のタッチや背景の描き方が
ノスタルジックで、
IKKIとかアフタヌーンとか
モーニング・ツーが好きな人は
大好きな雰囲気が味わえます。

義兄弟ものですが
さわやかで読後感もいい

私自身、義兄弟ものには
そこまで惹かれない人なんですが、
美しいイラストに惹かれて
購入したら思いのほか
素晴らしかった
です。

電子書籍限定なので
未読の方も多いかもしれません。
配信ストアは以下の通りです。

阿部はちた「かじつ」
(電子書籍限定販売)


かじつ

かじつ