今年いちばん好きだった受け「恋をするつもりはなかった」ネタバレ感想・情報まとめ!

【あらすじ】
恋愛経験なしのゲイ・佳乃はもうすぐ三十路。
恋することを半ばあきらめていたが、
ある日思い切って訪れたゲイバーで
銀髪の青年・ロウと出会う。
不思議な魅力を持つ彼に惹かれた佳乃は、
勢いで身体を重ねてしまい――? 

スポンサーリンク

「恋をするつもりはなかった」 書誌情報

作品名

恋をするつもりはなかった

作者名

鈴丸みんた

レーベル

アイズコミックス.Bloom

「恋をするつもりはなかった」 作品の雰囲気

コミカル←|―|―|●|―|―|→シリアス  
物語重視←|―|―|●|―|―|→人物重視
台詞重視←|―|―|―|●|―|→表情重視
けんぜん←|―|―|●|―|―|→えちえち
さわやか←|―|―|●|―|―|→じめじめ
現実主義←|―|●|―|―|―|→非現実的
特殊設定←|―|―|―|●|―|→王道設定
攻の良さ←|―|―|―|●|―|→受の良さ

「恋をするつもりはなかった」 攻め情報

西嶋 狼
#銀髪 #高身長 #筋肉質 #イケメン #ピアス #21歳 #大学生 #こじらせ #かっこつけ #ヤリチン

「…なんかカチンコチンだね 緊張してる? りらーっくす」(32ページ)
「なんかアレだね 運命かもね」(52ページ)
「男はみーんなオオカミなんだから気をつけないと」(86ページ)
「フラれてない …絶対好かれてる わかる」(107ページ)
「おはよう 夢にしないでね」(134ページ)
「それで悩めばいいって オレのことばっか考えればいいって…」(146ページ)
「不安なら毎日抱きにこようか」(174ページ)

出典:鈴丸みんた『恋をするつもりはなかった』(集英社、2020年)

「恋をするつもりはなかった」 受け情報

桐谷 佳乃
#黒髪 #高身長 #細身 #美人 #スーツ #指輪 #30歳 #リーマン #お人好し #優しい #料理上手 #真面目 #素直

「おしゃべりしてるヒマがあるなら自分で出来るよな?」(10ページ)
「私 今日 思い切ってきたので …相手にしてもらえて嬉しいです」(21ページ)
「──ぼく 大丈夫? 一緒にママ探そうか」(72ページ)
「その気もない相手に優しくするのってひどくないですか」(97ページ)
「朝起きたとき 夢じゃなかったって証拠が欲しい」(129ページ)
「二人のことは二人で決めたい」(141ページ)
「また だい て くれて …うれしぃ…」(158ページ)

出典:鈴丸みんた『恋をするつもりはなかった』(集英社、2020年)

「恋をするつもりはなかった」 攻めと受けの対比

年齢:攻<受
身長:攻>受
体格:攻=受
階級:攻<受
立場:攻≧受

「恋をするつもりはなかった」 受賞歴

このBLがやばい!

「このBLがやばい!2021年度版」 第4位

「恋をするつもりはなかった」 おすすめポイント

結合部よりも顔がエロい……。

鈴丸みんた先生の描くエロは表情が最高ですね。
受けはかわいく、攻めはかっこいい。
どちらも扇情的で思わず唾を飲んでしまうほど。

局部がアップになったりしているわけでもなければ、
セックスばかりしている物語でもない。
なのに「あれァ、エロかったな…」
と思いを馳せる、良質な性描写。

本作だと特に佳乃(受)が良かったです。
ただひたすら気持ちよさそうなのも素晴らしい。
エロシーンでの受けって、吐精する直前、
焦り顔だったりパニック顔だったりを
見せてくれることがあると思うんですが、
佳乃は、ただただ気持ちよさそうにしています。
開いて7ページでのオナニー。
32ページ、初めて人の手で触られるシーン。
157ページ、仲直りセックス。
どれも表情が最高です。
いや~えっちなお兄さんだァ! 好き!

でも、ずっとえっちなお兄さんってわけでなく、
恋愛経験ゼロ/ピュアなキャラとしての愛らしい顔、
驚き+エロ顔も見せてくれます。
35ページで初めて生ちんぽ体験したり、
173ページで夢だと思っていたら生ちんぽハメられてたり。
このシーン、とっても愛らしい。

それでいてエロだけじゃないんです。
むしろ38ページ~153ページまで合体ナシ。
(だからこそ記憶に残るエロなのかもしれない)
ストーリーもしっかりしています。

2人の関係性も良かったです。
互いに成長させ合えるカップル。
「ダサいから言いたくない」狼と、
「不安だから言いたくない」佳乃、
互いに言葉足らずな二人が歩み寄り、
最終的に人としても成長する。
こういうの好き。

狼の過去話を見ると
「こじらせ嫌な奴~!」
という感想を抱くと思うのですが、
最後のおじいちゃんとのやりとりで浄化されます。
佳乃と出会っていなかったら、
狼は見知らぬ老人に優しくすることは
なかったんじゃないでしょうか。
自分のコミュニティで
「格好良い人」「好かれる人」で
いられればよくて、
コミュニティ外ではメリットがなければ、
必要以上に面倒を見るようなことはしなかった。
でも佳乃の優しさに触れて、
人として成長する。根はいい子。
あと佳乃がひたすら気持ちよさそうなところから察するに、
とても丁寧な愛撫をしているのでしょう…根は優しい。

攻めも格好いいのですが、
とにかく受けが本当に愛らしいので、
「BLでは受けを重視してます」な方へ
特にオススメ
します。

「恋をするつもりはなかった」 試し読み

「恋をするつもりはなかった」 電子書籍で買う







「恋をするつもりはなかった」 紙の本で買う



「恋をするつもりはなかった」が好きな方にオススメ

ポイント1:同一著者
ポイント2:佳乃とは別ベクトルで可愛くて包容力ある受け

ポイント1:包容力あるえっちなお兄さん受け
ポイント2:ストーリーも感動

「恋をするつもりはなかった」 著者公式Twitter情報