このBLがやばい!®️ 2022年度版の結果発表【今年のNo.1は…!? 】

このBLがやばい!®️ 2022年度版【今年のNo.1は…!? 結果発表】

※「このBLがやばい!」は、JIVEの登録商標です。
※「このBLがやばい!」2022年度版のランキング情報について、当サイトはJIVEより許可を得て掲載しています。

今年の『このBLがやばい!®️』が発売されましたよ〜! 
2008年から始まった「今、最も読みたいBLコミック・小説」をランキングにした1冊です。上位者のインタビュー記事や特集記事などもあり、読みごたえがあります。

『このBLがやばい!2022年度版』

電子書籍版は2022年12月13日に新規購入ができなくなります。読みたいインタビューや描き下ろしショートエピソードがある方は忘れないうちにお買い求めください!

BLコミック系の見どころ
  • 描き下ろしショートコミック
    『blanc』中村明日美子
  • 描き下ろしショートコミック
    『夜明けの唄』ユノイチカ
  • インタビュー:中村明日美子
  • インタビュー:ユノイチカ
  • インタビュー:にやま
  • インタビュー:一ノ瀬ゆま
  • インタビュー:あらた六花
書籍名このBLがやばい!2022年度版
著者ネクストF編集部
出版社ジャイブ株式会社
発売日2021年12月14日
ISBN-13978-4867151228
『このBLがやばい!2022年度版』が読める場所

【第1位】 中村明日美子『blanc』

blanc #1

タイトルblanc
作者中村明日美子
レーベルEDGE COMIX
出版社茜新社
連載状況完結済

卒業から3年――…京都大学へ進学した佐条。東京で音楽を続けながらバイト勤めをする草壁。別々の進路を歩むことになった二人の行方は……。不朽の名作『同級生』シリーズ、時代を越えて新たなステージへ。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/214092/)
中村明日美子『blanc』を読む

納得の第1位! 
もはやBL界のバイブルといってもいい『同級生』シリーズ。未読の方は、これを期に『blanc』まで読んでみるのもオススメです。順番としては『同級生』→『卒業生・冬』→『卒業生・春』→『空と原』→『O.B.1』→『O.B.2』→『Blanc#0-Rings-』→『Blanc#1』→『Blanc#2』ですね。

【第2位】 ユノイチカ『夜明けの唄』

タイトル夜明けの唄
著者ユノイチカ
レーベルfrom RED
出版社株式会社シュークリーム
連載状況連載中

黒い海からくる化け物と闘うたび、命が蝕まれてゆく戦巫子のエルヴァ。
それを知った少年アルトは憤り、エルヴァが救われる術を探しながら、そばにいることを誓う。
そうして8年――。
アルトは精悍な青年へと成長した。ともに過ごす日々で降りつもった恋心を、そっと胸にしまったまま…。一方、数年の命と思われたエルヴァは、何故かアルトと過ごすうちに回復の兆しをみせていて…?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/226045/)
ユノイチカ『夜明けの唄』を読む

コミックシーモア販売ページBooklive!販売ページひかりTVブック販売ページebookjapan販売ページDLsite販売ページhonto販売ページ

デビュー作品とは思えない作り込みです。
BLコミックとしてはもちろん、ファンタジー漫画としてのおもしろさもあって、ダブルでおいしい。最近2巻が発売され、ますます謎が深まってきて面白い展開に…!! 特別な神子みこと宗教の陰謀、海からやってくる魔物は一体何なのか、目が離せません。この作品は男性でも読みやすいというか、先が気になるマンガだと思います。

【第3位】 佐岸左岸『オールドファッションカップケーキwithカプチーノ』

タイトルオールドファッションカップケーキ
withカプチーノ
作者佐岸左岸
レーベルihr HertZ SeriesH&C Comics
出版社大洋図書
連載状況完結済

付き合いはじめた野末と外川。いっしょに過ごす日々。年下彼氏が可愛くてたまらない野末は、無自覚に愛しさをふりまいている。そんな野末に満塁場外ホームランを打たれまくりで嬉しい外川。ある日、同僚・柿谷に、外川が野末のネクタイをしていると気づかれて…部下が上司のネクタイなんか普通しない──。浮かれて舞い上がっていた自分に気づいた野末は…!?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/188869/vol/3/)
佐岸左岸『オールドファッションカップケーキwithカプチーノ』を読む

昨年に引き続き、続編もトップ3入り!
前回よりもラブ度が増しましたし、結婚や偏見など、ふたりの人生を見守れる素敵な一冊でした。いっぱいケンカしてたくさん話し合って、永遠に続くカップル。とっても尊いです。そして、今回は女性陣が最高。BLに女は不要ってタイプの読者さんでも、この作品の女性陣は惚れるはず(詳しくは上の記事で語っております)。

【第4位〜第20位】ランクイン作品をプチ紹介!

ここからは著者名あいうえお順で、20位以内にランクインした作品をご紹介します。
実際の順位が知りたい方は…「このBLがやばい! 2022年度版」をご覧ください♪

『このBLがやばい!2022年度版』が読める場所

赤原ねぐ/瀬森菜々子『簡易的パーバートロマンス』

タイトル簡易的パーバートロマンス(4)
作者赤原ねぐ/瀬森菜々子
レーベル.Bloom eyes
出版社ホーム社
連載状況連載中

「ちゃんとお前に分からせる。俺が好きだってことを!!!!!!!!!!!!」 “ドMヤンキー”の鹿嶋幸と、鹿嶋の『顔』が世界一好きな“顔フェチ”の真田亮司。すったもんだの末、鹿嶋が自分を好きであることをほぼ確信する真田。鹿嶋に恋愛感情をしっかり自覚させるため、あの手この手で奮闘するも、惨敗……! そんな折、鹿嶋から「お前って俺のこと好きなの?」と訊かれて!?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/135208/vol/4/)
赤原ねぐ/瀬森菜々子『簡易的パーバートロマンス』を読む

高校生編の終わりで、学年的にも二人の距離的にも一段落ついたところ。おそろいピアスにはこちらの顔もHAPPY!ってなりましたね。

akabeko『蜜果』

タイトル蜜果
作者akabeko
レーベルfrom RED
出版社祥伝社
連載状況完結済

後孔を開発してきたウリ専・貴宏が忘れられず、女を抱けなくなったホスト・レオ。一度でいいから抱けと懇願して以来セフレの延長で同棲をはじめ、限界まで蕩かされやらしく淫れる毎日。好きかもと思いはじめた頃、レオは客に「枕」を要求される。そんな姿を貴宏に見つかってしまったレオは、嫉妬に冷静さを欠いた怒張をねじ込まれ太客に見せつけるように抱き潰されて――!?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/224056/)
akabeko『蜜果』を読む

修正甘めの18禁版が出ると聞いて購入を後回しにしていた作品。少し値段上がりますが良いモノ見られます。コミックシーモアひかりTVブックebookjapanに18禁版あります(上のバナーは全年齢向け、この文字リンクは18禁版の販売ページに飛びます)。

市川けい『ブルースカイコンプレックス』

タイトルブルースカイコンプレックス(7)
作者市川けい
レーベルマーブルコミックス
出版社東京漫画社
連載状況連載中

アポなしで楢崎&寺島の元へやって来たイケメン外国人青年・アレックスは寺島がホームステイでお世話になったダニエルの息子。陽気なオーラを背負った人懐こい笑顔の彼は嵐を起こすのか…?! そして保留になっていた楢崎の家族へのカミングアウトは思いがけない方向へ…。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/93955/)
市川けい『ブルースカイコンプレックス』を読む

ハラハラしながら見ていた楢崎兄へのカミングアウト編・7巻。ふたりの結束がさらに強まり、家族としてのドラマも見ごたえありな最新刊。

一ノ瀬ゆま『神様なんか信じない僕らのエデン』

タイトル神様なんか信じない僕らのエデン
作者一ノ瀬ゆま
レーベルビーボーイコミックスデラックス
出版社リブレ
連載状況完結済

普通の世界。世界最小の衛星ロケットが打ち上げられ、天才中学生棋士が最年少で六段に昇格した、そんな世界――。勉強が好きなこと以外は平凡な喬 織人はある日、密かに憧れていたクラスメイトの西央凛々斗から異常なほどの良い匂いを感じる。体育の授業終わり、火照った顔で呼吸も浅い西央を心配し保健室に連れて行こうとする喬だったが、半ば強引に体育倉庫へと誘い込まれ――…?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/218298/)
一ノ瀬ゆま『神様なんか信じない僕らのエデン』を読む

最初に誕生したオメガとアルファの話。オメガバースならではのえちえちなシーンと、初の症例を丁寧に観察して結論を見出すストーリーが生物学的でおもしろい!

おげれつたなか『ハッピー・オブ・ジ・エンド』

ハッピー・オブ・ジ・エンド

タイトルハッピー・オブ・ジ・エンド
作者おげれつたなか
レーベルQpa
出版社竹書房
連載状況連載中

「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。空腹で金もない千紘は新しい“家”探しに訪れた行きつけのバーでド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る“家”もない千紘で…。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/223329/)
おげれつたなか『ハッピー・オブ・ジ・エンド』を読む

本作か『Daisy Jealousy』のどちらかは入るだろうと予想していました。メイン2人の過去が重ためで、アングラ系でもあるので、人を選びますがインパクトのある作品です。

缶爪さわ/椿ゆず『みなと商事コインランドリー』

タイトルみなと商事コインランドリー(2)
作者缶爪さわ/椿ゆず
レーベルMFC ジーンピクシブシリーズ
出版社KADOKAWA
連載状況連載中

「この気持ちはぜったいに恋なんかじゃない」脱サラして古びたコインランドリーの店主になった湊晃は、ひょんなことからお店を訪れるようになった高校二年生の香月慎太郎に想いを寄せられる。しかし昔の恋に決着がつけられずにいた晃は、彼のまっすぐな恋心を拒絶しきれないでいた。そんな中、慎太郎に同級生の英明日香がちょっかいを出してきて…?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/205885/vol/2/)
缶爪さわ/椿ゆず『みなと商事コインランドリー』を読む

今回20位以内に入った作品の中で最もピュアで爽やかなBL。表紙からもキラキラ感が溢れ出ていますね…! エロくないBLが読みたい方にもオススメ。

紺しょーた『恋を描けば色が咲く』

タイトル恋を描けば色が咲く
作者紺しょーた
レーベル.Bloom eyes
出版社ホーム社
連載状況完結済

彼女にフられたばかりの大学生・龍二は、飲み会で同級生のレオと出会う。親しくないはずの自分をじっと見つめてくるレオが気になり、酔った彼を家まで送り届けることに。家に着いたレオは「なんで辞めたんだ、サッカー」と、龍二の中学生の頃を知っているような、意味深な言葉を告げて眠ってしまう。

とある事情で夢を諦めた龍二と、諦めず美術の道を進むレオ。ふたりが出会い、寄り添い、恋をしていく──…。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/209738/)
紺しょーた『恋を描けば色が咲く』を読む

大学生同士の尊くて爽やかな恋愛を描いた作品。攻めも受けも「そんなんされたら惚れるわ」と思える格好いい&可愛いエピソード満載です。

紗久楽さわ『百と卍』

タイトル百と卍(4)
作者紗久楽さわ
レーベルonBLUE comics
出版社祥伝社
連載状況連載中

ふたたびの契りをへて、好きの気持ちが、あたたかく身も心も満たす小春日和。百樹には、云わねばならないことがあった。卍にも、怖れず過去と向き合ってほしいから…。火消し四天王たちの絆、千と兆のいびつな繋がり、そして、絶世の美少年陰間・十五夜の生き様を描き出した番外編も収録。絡まる縁は、さらなる深みへ…陰陽いりまじる第四巻。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/127234/)
紗久楽さわ『百と卍』を読む

趣深い江戸文化と、絡まり合う人間関係が加速した4巻でしたね。江戸BLはこれからも伸び代のあるジャンルだと感じますが、先頭に立つのはやはりこの作品なのではないでしょうか。

里つばめ『俺が好きなど嗤わせる』

タイトル俺が好きなど嗤わせる
作者里つばめ
レーベルCRAFT SERIES
出版社大洋図書
連載状況完結済

飲みすぎた夜、目覚めた梶の上で、同期で普段はクールな神谷がシャツを羽織っただけの姿で腰を振っていた。しかも、どういうつもりか尋ねると、「セフレと切れて溜まってただけだ」とうそぶく。その日から、梶の中に神谷への好奇心と執着が生まれて!?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/214358/)
里つばめ『俺が好きなど嗤わせる』を読む


紙の本

仕事をバリバリするML。恋愛ものとしても銀行員ものとしても面白い。これはぜひ紙の本で上下巻そろえてほしいです。詳しくは上の記事で語っています。

すめし『リーマンラブホ男子会』

タイトルリーマンラブホ男子会
作者すめし
レーベルビーボーイコミックスDX
出版社リブレ
連載状況完結済

「最近、若い人の間でラブホ男子会が流行っている」9歳年下の後輩・後木にそう言われ、まんまとラブホにやって来た先立。カラオケやサウナ、ホテル飯を堪能したあとは、大きな風呂に浸かり、ふかふかのベッドへ…。意外と楽しいラブホ男子会に、はしゃぐ先立。そんな彼に、実は片思い中の後木。「ラブホ男子会」は2人きりになるための口実だったのだが、先立は想像以上にハマってしまい!?数回目のラブホ男子会、思いが募った後木は、眠る先立に「先輩、好き」と告白して──ド天然先輩の無自覚えちえちムーブに後輩くんの理性は耐えられるのか…!

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/217029/)
すめし『リーマンラブホ男子会』を読む

大好きな作品ですが、ここまで伸びるとは予想していなかった…! もともと同人作品で、現在はR18版の短編もたくさん出されているので、ぜひDLsiteさんかBOOTHでチェックしてみてください(他は修正が濃いのでオススメしない)。

tacocasi『うしみつどきどき古書店譚』

タイトルうしみつどきどき古書店譚
作者tacocasi
レーベルNUUDE
出版社東京漫画社
連載状況完結済

大学院生の小宮くんは、古書店「二四書房」に下宿中。書店の店主兼大家である無愛想な独身アラフォーの陽蔵さんに、淡い恋心を抱いている。ある日のこと、陽蔵さんのもとに、浮世離れした不思議なお客さんがあらわれて…?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/226343/)
tacocasi『うしみつどきどき古書店譚』を読む

うしみつどきどきシーモアうしみつどきどきbookliveうしみつどきどきひかりTVブックうしみつどきどきebookjapanうしみつどきどきhontoうしみつどきどきdlsite

投票期間の10日前くらいに発売された新刊でした。20位以内に入っているのがすごい! 文字通り「お客様は神様」で、いろんな神様が出てくるのも興味深く面白い。

夏野寛子『25時、赤坂で』

タイトル25時、赤坂で(3)
作者夏野寛子
レーベルonBLUE
出版社祥伝社
連載状況連載中

恋人の超人気俳優・羽山麻水と同じマンションに引っ越した、若手俳優の白崎由岐。蜜月が始まるかと思いきや、白崎は出演する舞台の演出家から演技にNGを出され続け、焦るばかり。羽山に頼らずに自力で乗り越えようと、連日逢瀬を断り続けてしまう。その一方で、白崎に会えずにいる羽山は――。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/162253/vol/3/)
夏野寛子『25時、赤坂で』を読む

3巻の新登場キャラが私の性癖ストライクゾーンにハマりましてね…しゅき。今回は白崎(受け)の成長物語としての見応えもありました。

南月ゆう『ラブネスト2nd』

タイトルラブネスト2nd
作者南月ゆう
レーベルディアプラス・コミックス
出版社新書館
連載状況完結済

同棲を始めた匡人と旭は、小さな揉め事を繰り返しつつも蜜月期を存分に楽しんでいた。しかし、そんな状況であってもなお旭が恋人だと親や周囲に言えない自分にもどかしさを感じる匡人。さらに最近、旭に何やら怪しい動きもあって……?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/218256/)
南月ゆう『ラブネスト2nd』を読む

片方が不安に思っていることを、片方が解消してゆく理想的カップル。続編ということもあり一歩踏み込んだ内容でしたね。匡人の母親が素敵な人でした。

新田祐克『春を抱いていた afterward』

タイトル春を抱いていた afterward
作者新田祐克
レーベルビーボーイコミックスデラックス
出版社リブレ
連載状況完結済

あの日から、100年先の未来――。エリートである航空自衛軍二尉の地位を捨て、JASAの宇宙開拓士に志願した香藤一颯は密閉空間での7日間の選抜試験を受ける事になる。そこで出会ったAIロボットのカグヤと共に課題をこなすうちに、彼の中にある「寂しさ」という感情に触れ、徐々に放っておけなくなり?(『夏の蝉』より)香藤が旅立った後、岩城の辿る鮮烈な生き様を、甥で自社所属俳優でもある洋介の視点から熱く描いた『スペアキーの条件』も収録!

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/222208/)
新田祐克『春を抱いていた afterward』を読む

昨年第一位を受賞した『春を抱いていたALIVE』最終巻のあとの物語を描いた一冊です。結末にショックを受けた人にとって、大切で温かい物語が詰まっています。

にやま『僕のおまわりさん』

タイトル僕のおまわりさん(3)
作者にやま
レーベルmoment
出版社竹書房
連載状況完結済

晋と誠治の同棲は2年目に突入。幸せを噛み締める日々の中で訪れた、誠治の誕生日という晋にとっての一大イベント。気持ちを形にして贈るまたとないチャンス!と、慣れないサプライズに乗り出したけど…?おまぬけハプニング、合同捜査(!?)、ご褒美のために猛特訓…などなど、日常系尊みラブがてんこ盛り!シリーズ最高の多幸感で包む、愛あふれる最終巻。

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/225904/)
にやま『僕のおまわりさん』を読む

このシリーズ大好き。中でも3巻が一番良かったです。インタビューでも上がっていた、晋(攻め)が誠治(受け)をお姫様抱っこして駆けるシーンは読者の幸福指数が爆上がり。

はらだ『ハッピークソライフ』

タイトルハッピークソライフ(2)
作者はらだ
レーベルQpa
出版社竹書房
連載状況連載中

僻地に左遷された元エリート・粕谷と、金欠クソニート・葛谷。ド田舎で衝撃のファーストコンタクトを果たすも挿しつ挿されつ、お互いの穴を埋め合う仲になっているふたり。アナルさびしんぼ同士で拘束プレイを楽しんでいたある日、バイブの電池切れでプレイは一時中断。身動きできない粕谷を残して葛谷が電池を買いに出ると田んぼに落ちてる女性と遭遇!!!世話を焼きつつ多少の下心ありつつ家に連れ帰る葛谷だが、そこにはすっかり存在を忘れていたアナル丸出しであられもない姿の粕谷がいて…!!!?

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/186720/)
はらだ『ハッピークソライフ』を読む

もうすぐ3巻が発売されますね! 第2巻もブッ飛んだ下ネタギャグオンパレードで楽しかった。3巻カバーイラスト、レオの扱いがホラー映画の犯人で笑う。

山田ノノノ『跪いて愛を問う』

タイトル跪いて愛を問う
作者山田ノノノ
レーベルディアプラス・コミックス
出版社新書館
連載状況完結済

“支配”されて、喜ぶなんて――…。「人を支配したい」Dom(ドム)と「支配されたい」Sub(サブ)、「第二の性」を持つ人が存在する世界。生活のためSub専用クラブでキャストとして働く正己は、転校生の悠生にSubだと指摘され命令(コマンド)された瞬間……!? 魂と本能で求め合うDom/Subユニバース!

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/209588/)
山田ノノノ『跪いて愛を問う』を読む

おそらく商業BLでのDom/Subパイオニア的作品。クライマックスで判明する、過去に与えたコマンドには号泣必至です。

ヨネダコウ『囀る鳥は羽ばたかない』

タイトル囀る鳥は羽ばたかない(7)
作者ヨネダコウ
レーベルHertZ&CRAFT
出版社大洋図書
連載状況連載中

平田との抗争終結から四年。矢代は組を離れ、闇カジノの金主として稼いでいる。カジノには時折、三角が訪れ、そろそろ真誠会に戻るようせっつかれていた。一方、矢代から捨てられた百目鬼は、真誠会と良好な関係を結ぶ三和会系桜一家の組長・綱川の下でヤクザになっていた。四年間、一度も会うことのなかった矢代と百目鬼。けれど、ある事件をきっかけに再会して!?止まっていた時間がついに動きだす!!

引用元:コミックシーモア作品紹介ページ(https://www.cmoa.jp/title/71316/)
ヨネダコウ『囀る鳥は羽ばたかない』を読む

再会に胸が熱くなりましたね。かなり上位に入りそうだったので、やや驚きのランクです。ベスト攻めランキングとベスト受けランキングでは相変わらず2人とも上位!

このBLがやばい!2022年度版 昨年との比較と今年の傾向を分析

2021年
(※1)
2022年
(※2)
5巻以上の長編作品・続刊3作 5作
◯◯2〜4やスピンオフ7作 6作
新人作家さんのデビュー作1作 2作
中堅・玄人作家さんの新刊9作 7作
※出典
  1. ネクストF編集部『このBLがやばい! 2021年度版』(ジャイブ株式会社、2020年)
  2. ネクストF編集部『このBLがやばい! 2022年度版』(ジャイブ株式会社、2021年)

上位作品『blanc』『オールドファッションカップケーキwithカプチーノ』『僕のおまわりさん』3巻に共通するのは「婚約」や「結婚」がキーワードになっているところです。
昨年のトップ5には結婚がテーマとなっている作品はなかったので、今年の傾向として挙げられます。ニュースでも同性婚に関する話題がよく取り上げられていた(札幌地裁の件など)ので、影響していたのかもしれませんね。

このBLがやばい!2022年度版 セール情報

電子書籍ストアでは、結果発表に伴い、入賞した作品をセールにしていることがあります。各店舗のセール情報は以下の通りです。

商標・登録商標について

「このBLがやばい!」は、JIVEの登録商標です。