『僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~』感想レビュー/サイン本プレゼント企画・特典情報まとめ

© 宮田トヲル / 双葉社

29名の作家による「うぶ」な「恋」アンソロジー『うぶ恋』。
買って読んでみたら「めっちゃええやん…」な一冊だったので、感想と共にご紹介します!

サイン本プレゼント企画店舗限定特典情報もまとめましたので、執筆陣に好きな作家さんのいる方はぜひチェックして下さい〜!!

『僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~』 作品の概要

タイトル僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~
カバーイラスト宮田トヲル
漫画執筆者馬あぐり/小木カンヌ/奥嶋ひろまさ/
奥田枠/カシオ/佐藤アキヒト/
参号ミツル/すずり街/ことぶき/
紺吉/ツトム/鶴谷香央理/
tunral/トウテムポール/noji/
羽純ハナ/日野雄飛/びみ太/
藤咲もえ/ふるやちるこ/ホームラン・拳/
文善やよひ/三戸/万丈梓/
宮田トヲル/毛魂一直線/桃尻ひばり/
らくたしょうこ/ん村
出版社双葉社
発売日2021年10月8日

いつからだろう。隣にいると、ドキドキするのは。
総勢29名の豪華執筆陣が”男子同士の恋”を4Pで描く、
ときめき溢れるライトBLアンソロジー。

『僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~』 執筆作家一覧+作品内容

カバーイラスト

宮田トヲル(代表作『彼のいる生活』)
カバーイラスト内容:作中のワンシーン。

コミック

紺吉(代表作『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』)
作品内容:ナルシストな幼馴染と一緒に自撮りして…

tunral(代表作『ショタくんとおじさん』)
作品内容:「もしかして彼女できた?」と聞かれ…

ふるやちるこ(代表作『地屋くんはじょうちょふあんてい』)
作品内容:幼馴染みの寝顔に思わず…

ホームラン・拳(代表作『わたしの神は美しい』)
作品内容:小学生の従兄弟を子供扱いしたら…

小木カンヌ(代表作『触れたとこからキモチいい』)
作品内容:バイト先の先輩がくれた杏仁豆腐に…

奥嶋ひろまさ(代表作『同棲ヤンキー赤松セブン』)
作品内容:あいつを倒せば俺がトップなのに…

参号ミツル(代表作『マスク男子は恋したくないのに』)
作品内容:バスケ部の後輩の意外な一面に…

羽純ハナ(代表作『レムナント -獣人オメガバース-』)
作品内容:熱帯魚コーナーへやって来た客は…

ことぶき(代表作『童貞淫魔はソープ男子にガチ恋中!』)
作品内容:モテる幼馴染を持つ陰キャは…

noji(代表作『先生のせんせい』)
作品内容:幼馴染と一生一緒に遊ぶには…

トウテムポール(代表作『東京心中』)
作品内容:寒い日の市民体育館で…

桃尻ひばり(代表作『死にたがりのヴァンパイア』)
作品内容:体育祭のフォークダンスで…

馬あぐり(代表作『絶対に付き合ってはいけない3B男子』)
作品内容:同じアイドルグループの2人は…

らくたしょうこ(代表作『雨上がりの僕らについて』)
作品内容:就職で上京し疲弊していたら…

すずり街(代表作『腐男子家族』)
作品内容:クラスのモテ男が好きなのは…

ん村(代表作『オンラインゲーム仲間とサシオフしたら職場の鬼上司が来た』)
作品内容:平日の夜に店へ来る常連は…

佐藤アキヒト(代表作『ギリギリアウト!』)
作品内容:高校最後の試合でミスをして…

鶴谷香央理(代表作『メタモルフォーゼの縁側』)
作品内容:ダメな自分にも優しい彼は…

カシオ(代表作『心を殺す方法』)
作品内容:酔いつぶれた同僚が寝言で…

藤咲もえ(代表作『腐男子召喚~異世界で神獣にハメられました~』)
作品内容:バクの獣人が経営する店で…

三戸(代表作『峰岸さんは大津くんに食べさせたい』)
作品内容:絵の上手なクラスメイトが…

毛魂一直線(代表作『そんな目で見てくれ』)
作品内容:付き合っている恋人が奥手で…

文善やよひ(代表作『鴆-ジェン-』)
作品内容:初恋相手が実は男だと知り…

日野雄飛(代表作『妖精のおしり』)
作品内容:親しい上司にカムアウトしたら…

奥田枠(代表作『糸永くんの恋の糸』)
作品内容:売れ残りのセクサドールは…

ツトム(代表作『おじさんはカワイイものがお好き。』)
作品内容:新婚の部下は離婚した上司と…

びみ太(代表作『田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる』)
作品内容:生徒の一人が最近懐いてくれて…

万丈梓(代表作『名前のない怪物』)
作品内容:女装して出かけたがる幼馴染は…

宮田トヲル(代表作『デリバリーハグセラピー』)
作品内容:教室で寝ていたら友達が…

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

『僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~』 サイン本プレゼント企画情報

フォロー&RT で直筆サイン本が当たる!
参加執筆陣が『うぶ恋』にサインを入れてプレゼント!

実施期間

3/19( 金 )19 :00~ 4/4( 日 )24:00

応募方法

1.マージナル編集部公式アカウント (@futabashaBL) をフォロー
2.以下のキャンペーンツイートを RT

サイン本寄稿作家

馬あぐり
小木カンヌ
奥嶋ひろまさ
カシオ
ことぶき
紺吉
参号ミツル
すずり街
ツトム
鶴谷香央理
tunral
トウテムポール
noji
羽純ハナ
万丈梓
日野雄飛
びみ太
藤咲もえ
ふるやちるこ
ホームラン・拳
三戸
宮田トヲル
毛魂一直線
桃尻ひばり
文善やよひ
らくたしょうこ
ん村

※奥田枠先生/佐藤アキヒト先生のサイン本はありませんのでご注意ください。

注意事項

・サイン本は各作家ごとに1冊。ランダム抽選のため、作家の指名は不可。
・4月中をめどに、当選した方のみに DM にてお知らせ。
・@futabashaBLからのDMを受け取れない場合/フォローを解除した場合は当選が無効。
・お預かりした個人情報は賞品発送以外には使用いたしません。

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

『僕らが恋する5秒前~うぶ恋BLアンソロジー~』 感想レビュー

こ、この一冊は…!
チロルチョコのバラエティーパック!!

王道なミルクチョコもあれば、
ビスケットで食感を変えたり、
甘さに飽きないようヌガーも
用意してあるような一冊でした。

ざっくりと10の枠に分けて

  1. 青春枠
  2. 部活枠
  3. おさななじみ枠
  4. カップル枠
  5. 恋のはじまり枠
  6. 猛アタック枠
  7. オトナ枠
  8. えちち枠
  9. 女装枠
  10. 安定枠

これに沿って一言ずつ感想↓
(若干のネタバレ要素あり)

青春枠

タイトルとカバーイラストからイメージ+期待していたストレートのボールを、200km/秒で投げてくれる枠。

宮田トヲル(代表作『デリバリーハグセラピー』)

天気が良い日の放課後は素敵な物語が始まるんだよ……。俺は知ってるんだ……これだ…。そよ風と春の匂いがする……。

三戸(代表作『峰岸さんは大津くんに食べさせたい』)

この一冊の中で、タイトルから予想していたものと一番近い内容だったので「これだよこれ〜!!」ってなるナイス王道。

noji(代表作『先生のせんせい』)

とってもハッピーな気持ちになれるニコニコ枠〜! 人物紹介のモノローグが握手になってるのかわいくって大好き。

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

部活枠

クラスが違っても放課後に会うし夏休みでも合宿で会うし部活仲間の2人ってもう夫夫じゃん…な枠。

トウテムポール(代表作『東京心中』)

妄想がふくらむハグが2回! 冒頭は相手からのハグ、終盤は自分からのハグなんですが、片方の表情が見えないのが良い…。

佐藤アキヒト(代表作『ギリギリアウト!』)

最後のコマのやりとり、すごく好きだな〜〜。好きって即答できる素直な子は応援したくなる。

おさななじみ枠

高校生+幼馴染=つよいこの組み合わせの戦闘力は栽培マンくらいある。読者が地面にめり込む枠。

紺吉(代表作『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』)

ペロッ……! これは恋が始まってからだいぶ経ってる片想い! 健気でかわいい。

ふるやちるこ(代表作『地屋くんはじょうちょふあんてい』)

「夢見が悪いからそばにいて」からの、寝言で名前を呼ぶ……。このワンツーで手を出さないわけがない可愛さ〜!!

ことぶき(代表作『童貞淫魔はソープ男子にガチ恋中!』)

根明×根暗で、根明側がちゃんと好きなの尊い…幼馴染だからいいところも知っているんだろうな〜!

カップル枠

「恋する5秒前」というタイトルで「ただの友達」が「好きな人」に変わる瞬間だと思っていたら、「恋とは2人でするものだぜ!」と教えてくれるようなカップル枠。

tunral(代表作『ショタくんとおじさん』)

なんだこのかわいい受けちゃんは。実にけしからんぞ。そして詰襟は正義。

毛魂一直線(代表作『そんな目で見てくれ』)

一冊の中で一番笑える作品でもある。なのに、ちゃんとウブでピュア。

鶴谷香央理(代表作『メタモルフォーゼの縁側』)

これどっちなんだろうな〜! カップルにも見えるし、まだ友達にも見える。妄想がはかどって最高です。

恋のはじまり枠

「あっ(恋に落ちたな)」となるコマが魅力的な、恋の始まりが愛らしいキュンとする癒され枠。

ホームラン・拳(代表作『わたしの神は美しい』)

最後のページの「…あ」このショタ、かわいすぎか……(昇天)

羽純ハナ(代表作『レムナント -獣人オメガバース-』)

攻めの見せ方が上手い! 受けが初めて顔を認識したタイミングで読者とも目が合うんですが、「オ〜ゥ顔がいい」ってなる…。

ん村(代表作『オンラインゲーム仲間とサシオフしたら職場の鬼上司が来た』)

この気づかいは惚れてしまう! 「どうせ自分のことなんて 誰も見ていない…」ってときに効く一撃。

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

猛アタック枠

秘めていた想いを相手へぶつけて、初めて意識してもらい恋になるのもまた、いとをかし枠。

桃尻ひばり(代表作『死にたがりのヴァンパイア』)

最後のコマで前後の2人があたふたしてるの細かくて好き……。

すずり街(代表作『腐男子家族』)

日本人で一番多い苗字だからこそ発生する、名指し告白なのに伝わらないもだキュン〜〜!

小木カンヌ(代表作『触れたとこからキモチいい』)

誘うときに震えている手と声が可愛いすぎる。そしてOKもらったらガンガン甘えるのもイイ!

オトナ枠

カバーイラストやタイトルからは予想がつかなかった、少しオトナなビタースウィートがたのしめる作品枠。

らくたしょうこ(代表作『雨上がりの僕らについて』)

社会人経験ある人に響くやつ〜。こんなん好きになっちゃうじゃん…。

日野雄飛(代表作『妖精のおしり』)

受け側のビジュアルおよび行動、「どこにでもいそうな普通のおじさん」なのが実在していそうでとても良い!

ツトム(代表作『おじさんはカワイイものがお好き。』)

びっくりするほどビターチョコ。「ピュアでうぶな恋を描いてください」でこれを出してくるとは……!?

えちち枠

本作にはピュアBLしかありませんが「うっ! 心のちんぽが…!」──覚醒──となるような表情のある枠。

参号ミツル(代表作『マスク男子は恋したくないのに』)

うなじが えっち です。(※筆者はエロスを感じるとアホになります)

馬あぐり(代表作『絶対に付き合ってはいけない3B男子』)

おかおが すーぱーせめさま です。(※筆者はエロスを感じるとアホに以下略)

カシオ(代表作『心を殺す方法』)

くびすじが すけべ です。(※筆者は以下略)

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

女装枠

意外と女装だったり中性的な子が多かった印象。少女漫画からBLへ来た人のステップアップ枠。

文善やよひ(代表作『鴆-ジェン-』)

可愛い女の子だと思っていた相手と再会したら自分よりも背の高いイケメン……。はい、好きな展開です(真顔)。

万丈梓(代表作『名前のない怪物』)

めんどくさいところもあるけど、見た目も反応も可愛い受け。そしてそれを受け止める器の大きい攻めの組み合わせ。よき。

奥田枠(代表作『糸永くんの恋の糸』)

女装ではなく中性的な感じ。長髪+綺麗な顔+ユニセックスな服装。指の関節の感じ、私の性癖ドストライクでした。

安定枠

この作家さんたちがピュアな高校生ものを…!? と思ったら、ちゃんと王道を貫き通してくれていました枠。

奥嶋ひろまさ(代表作『同棲ヤンキー赤松セブン』)

安定のヤンキー。あとがき「求められている物はこれかな?」その通りです、よくお分かりで……。

藤咲もえ(代表作『腐男子召喚~異世界で神獣にハメられました~』)

安定の獣人。バクとかアリクイの口元って異形っぽさにあふれてて素敵…。

びみ太(代表作『田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる』)

安定のショタ。こっちは色白で前髪が長い子。純情でウブできゃわわ。

まとめ

テーマのあるアンソロジーでありながら、バラエティに富んでいて飽きない一冊。
それこそBL初心者さんにオススメで、気に入った作家さんがいたら作家買いするための指針にもできます。作品の直後に作家さんの代表作とTwitterIDを掲載してくれているので、探しやすくしてくれているのが有難い。
「BLに少しハマり始めたけど、どんな作家さんがいるか、まだあまり知らなくて…」
という方は、旬な作家さんを集めたこの一冊で探してみて下さい。

また、商業誌ではBLを描かれていない作家さんも参加しているので、
「BLに興味があるんじゃなくて好きな作家さんが執筆してるから」
と言い訳しつつ購入できるのも恥じらいのある方に有り難いですね。

タイトル、広末涼子を思い出す年代か分からん年代かで想像するものが変わりそう。
私は思い出す世代だったのでピュアピュアな感じをイメージしていました。
どの作品もとても素敵なので、ぜひシリーズでも揃えてみてください!

この作品を読む

僕らが恋する5秒前
~うぶ恋BLアンソロジー~

今月のイチオシBL漫画

児島かつら
『とめどなく、シュガー』

就活の内定報告になじみの店へ顔を出した帰り道男同士の痴話喧嘩に遭遇した敬太。
スルーしようと思いつつも助けに入ると、絡まれていたのは苦手な大学の同級生・理一だった。
強気な言葉に反し震える様子に自宅に連れ帰ることに。

お互いの悩みや失恋話、ゲイであることをぶちまけ合う中’励まし合い’としてセックスをする敬太と理一。
帰り際、次に会うのは卒業式かと話すついでのように理一から好きだったことを伝えられる。

理一のことが頭から離れないまま、大学最後の日を迎え、敬太から逃げるように立ち去ろうとする理一を捕まえるが告げられたのは改めての告白と決別の言葉で――?

コメント